Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【知られざる古典】中根千枝の「タテ社会の人間関係」を読むべき理由【日本社会のソースコード的論文】

物事に対処するには、現象の裏にある法則性を理解しなければなりません。

日本社会は「ストレス多き社会」と言われます。

近年は、消費文化の普及によって緩和された部分も多いです。

しかし、下の立場の意見が無視されたり、暗黙的に決まる上下関係を強いられたり、家族主義のような違和感満載の関係性を押し付けられたり、と合理性に欠けた窮屈さは相変わらずです。

そんな日本の関係性に苦痛を感じる全ての人に勧めたいのがタテ社会の人間関係 単一社会の理論(講談社現代新書) (中根千枝著)です。

日本社会の特徴を表す「縦社会、横社会」という言葉を初めて提起したのが本書であることはあまり知られていません。

1967年と時代は古いながらも、時代、空間を超えて、あらゆる日本人社会に働く力学が浮き彫りにされます。

私たちは、ネットの掲示板に散在する日本論を探すことで「自分の身に起きた現象の背景」を知ろうとしたり、「同じ体験をした人」を見つけて精神安定を得ようとしたりします。

しかし素人の書いたネットの書き込みに比べると、東大卒の著者が書いた本書は上位互換であると認めざるを得ません。

より詳細に日本社会の原理が知れるため、ネットに求めがちな「自分の身に降りかかった現象の背景」、「同じ立場の人を見つけることによる精神安定」といった効果の充実度も全く違ってくるでしょう。

本書の内容は、次のような悩みに問題解決の糸口を提供してくれるはずです。

  • 日本では、なぜ客観的に見て正しいはずの論理が踏みにじられるのか?
  • 同調圧力の正体とは?
  • 海外で見知らぬ日本人から謎の攻撃を受けて気分を害したことがある
  • 日本人は「集団主義」なのに、なぜ外国で協力できないのか?
  • 外国人労働者との意思疎通がうまくいかない、前提の感覚が違う気がして思い悩む
  • 中国人、インド人、西洋人が持つ「身内」の違い


第1章 : 中根千枝氏とは?【東大卒】

中根千枝さんは、1926年生まれの社会人類学者です。

12歳まで日本の学校に通った後、両親とともに中国へ渡り、6年間現地の学校に通います。

その後日本へ帰国し、21歳の時に東京大学文学部東洋史学科へ入学。

東京大学大学院を修了した後は、インド、イギリス、イタリアへと留学し、さらにシカゴ、ロンドンで客員教授として勤務。

帰国後、月刊誌『中央公論』から論文執筆の注文を受けて2週間という短期間で書き上げた論文が反響を呼び、出版社から書籍化の依頼が殺到。

そして1967年、中根千枝氏が41才の時に、上論文を加筆・修正して上梓されたのが「タテ社会の人間関係 単一社会の理論」でした。

本書では、著者の長年に渡る海外での実地調査(チベット、インド、中国、イタリア、イギリス、アメリカなど)を通した社会構造の比較から、日本社会の特異性が浮き彫りにされます。

それまで欧米との差違でしか語られなかった日本の文化体系に「タテ」の枠組みを与えたといった功績が認められ、2001年には文化勲章も受章しています。

「タテ社会の人間関係 単一社会の理論」は、世界13カ国で英語版が読まれ、2015年の時点で124刷116万部超のロングセラー化しています。


第2章 : 「タテ社会の人間関係」の中身を少しだけ紹介

本書の内容を少しだけ紹介します。


その証拠に、日本人の会話には、スタイルとして弁証法的発展がない。「ほめる書評」と「けなす書評」しかないように、「ごもっともで」というお説頂戴式の、いっぽう通行のものか、反対のための反対式の、平行線をたどり、ぐるぐるまわりして、結局はじめと同じところにいるという、いずれかの場合が圧倒的に多い。

深夜に行われる某討論番組に高頻度で起こる現象ですね。

1967年の著書というと「古い」「時代背景が違うので役に立たない」といった反論が起こりがちですが、日本の「大きな組織」を牛耳っているのはこの世代の人たちです。

伝統文化の構造や、会社組織の意思決定に携わる人々もこのタイプです。

その背景にある思考の構造を理解して損することはないでしょう。

また、時代背景が変わった現代においても、本書で引用される日本人の行動はかなり既視感があります。


例えば次の一文。


私たちが自分の意見を発表するとき、対人関係、特に相手に与える感情的影響を考慮にいれないで発言することは、なかなか難しい。
日本社会におけるほど、極端に論理が無視され、感情が横行している日常生活はないように思われる。


本書の洞察の深さは、異文化との比較を通した日本論であることに由来します。

本書では、インド人のカースト制、中国人の同族意識、西洋人の契約主義といった諸外国の風習が「場」と「資格」という2つの基準から分類され、日本の文化風習も同じ枠組みで位置付けられます。

そこで浮き彫りになった日本特有の秩序感覚が「タテ」関係であり、極度にエモーショナルな感情に裏打ちされることが指摘されます。

また諸外国のような論理重視ではなく感情重視で動く社会が直面する問題点といった将来性についても見事に予見されています。


第3章 : 「タテ社会の人間関係」を読むメリットとは


「縦社会」「横社会」の誤用がなくなる

「縦社会」「横社会」という言葉は、ある社会の内部で結ばれる関係性の傾向を説明する際に使用されがちです。

しかし「原典」にあたる本書と照らし合わせると、今日のネット社会に氾濫する「縦」、「横」の使い方は、恣意的に曲解され誤用されがちであることが分かります。

「縦、横」というと、脈絡に応じて「上下関係、仲間関係」といった風に翻訳されがちですが、多くの場合それは誤用です。

感覚のさじ加減で決まりがちな「縦社会」、「横社会」の概念を正しく理解するだけでも、掘り起こすに値する一冊です。


日本社会で起こる関係性を俯瞰できるようになる

日本社会では、日常に複雑なストレスを強いられます。

  • 集団の派閥闘争
  • 同調圧力
  • 個の排斥

多くの人はその正体を知らないために、抜け毛、肌の劣化、老化といった身体面の問題に繋がるほどの大きなストレスを抱えてしまいます。

そこから抜け出せなければ、不完全燃焼のまま生涯を閉じることになるでしょう。

そうではなく、せっかくITの普及した自由な時代に生まれたのですから、「周囲の人間関係に足を引っ張られることなく、可能な限り上を目指したい」という人が多いはずです。

その意味でも、日本社会の内部に発生する人間関係の力学を説いた本書は、先人の叡智が詰まった必読の「古典」と言えるでしょう。

「古典」を読む意義は、先人が到達した地点からスタートできる点に限ります。

本書によって日本社会を俯瞰する能力を身につければ、日常の人間関係に生じるトラブルの背景を理解しコントロールできるようになるでしょう。

問題とする現象が「なぜ起こるのか?」が理解できれば、大きなダメージを受けることはなくなります。

また法則性を理解することでトラブルに先回りできるようになり、対処するためのアイデアも浮かんできます。


以上のように、タテ社会の人間関係 単一社会の理論(講談社現代新書) で説かれる日本型の組織を支える力学は今日に通用するものがあり、現代に十分に応用可能です。

人生のできるだけ早い地点で読んだ方が良い良書です。

日本社会の関係性に感じるストレスが大きくて悩んでいる人は、真っ先に購入をお勧めします。

自分が抱えるストレスが何に起因しているか?

またそのようなストレスを抱える人間があなただけでなく、日本社会にありふれた現象であることを本書は説明してくれるでしょう。