Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

僕は口臭の正体がわかった【口臭いやつ集合!】

歯磨きを頑張っても消えない口臭。

歯磨きは万能ではありません。

「丹念な歯磨き」だけで問題解決を試みれば、悲惨な結果に終わるでしょう。

  • 口臭が消えない
  • 歯茎の粘膜が傷付いて血が出る


口臭が出る部分を磨いたら「出血する」。

でもそれが「出すべき悪い血」なのか「過剰な歯磨きによる傷」なのか分からない。

そんな人の助けになると思います。

出血も治まり、将来的な歯周病のリスクも減らせるでしょう。


第1章 : 口臭の原因


口臭の原因は、雑菌の繁殖です。

歯磨きで口臭が消えるケースは、自然発生的な菌が口腔内の洗浄によって解消されたパターンです。

菌の発生自体は、食べ物が通る口腔内において普通のことですから、歯磨きで消えた場合は問題ありません。

しかし、歯磨きで口臭が消えない場合は、雑菌の増殖に病因性を疑う必要があります。

とはいえ、私は歯学の専門ではないので、口臭の原因については専門家の方の説明に任せます。

www.jsoms.or.jp


第2章 : 口臭を消すヒントとは?


第1章に載せたURLによると、口臭の原因は、「歯周病、虫歯、歯垢、歯石、舌苔・・」と多岐に登ります。

しかし、全ての原因に共通するのは「雑菌の繁殖」に由来する点です。

歯周病、虫歯菌、歯石・・・で雑菌の種類は違っても、「雑菌の繁殖」が起きて初めて口臭が漂ってくるのです。

菌の数が少数であれば、口臭の悪化には直結しません。

つまり、以下が口臭を抑える条件となります。


いかに口腔内の菌の繁殖を抑えるか?


こう聞くと、最初に「歯磨き」を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、「歯磨きをしても口臭が消えない」から悩んでいるわけです。

これは、歯磨きのブラッシクング効果が「雑菌の繁殖」に役立っていないということです。


では、どうすればいいのでしょう?

答えは、「歯磨きのブラッシングが届かないところに雑菌の繁殖元を疑う」です。

雑菌の繁殖には条件が必要です。

つまり、「食べカス」という栄養源がなければ、雑菌は繁殖できません。

「歯ブラシで洗浄しても、食べカス・歯垢を除去できていない」という状況を疑いましょう。

○歯と歯の間
○歯と歯茎の間
○歯の裏側と歯茎の境目

こうした箇所に食べカス(食べ物片)の残存がないか疑ってください。

食べカスを口腔内から除去すれば、口臭も消し去ることが期待できます。

口腔内の食べカスを除去する → 雑菌の繁殖場所がなくなり口臭が消える

しかし、歯ブラシが届かないから気づけないのだし、飲食を控えることも不可能ですよね。

口臭の除去は、歯ブラシだけでは不十分です。

しかし、症状がよほど進行していない限り、目先の口臭を除去するのに通院は必要ありません。


第3章 : どうすれば口腔内の食べカスを除去できるか?


結論から言うと、歯間ブラシで歯の間に溜まった食べカスを取るようにしてください。

歯ブラシのブラッシングでは届かない部分に、食べカスが溜まり、そこが雑菌繁殖の温床となることが原因なのです。

したがって、歯ブラシの届かない部位のカスを歯間ブラシで除去しましょう。


注意点 : 市販の歯間ブラシの中には危険なものもある

ただし、注意したいのが歯間ブラシの選別です。

市販の歯間ブラシは、たいていブラシの繊維に粗く硬い繊維を使っています。

指でつかむ取手の部分から針金のような堅い棒が一本伸び、その周囲を透明な繊維が覆い尽くしている昔ながらのタイプです。

これは歯茎にダメージを与え、次のような問題を引き起こします。

  • 歯茎へのダメージ→ 多くの場合、出血を伴う。歯茎が薄くなり、過敏神経痛の原因に
  • 歯と歯の間の拡張 → 歯茎を傷つけることで歯と歯の間の溝が広がり、食べカスが溜まりやすくなる


歯垢は除去できても使い続ければ、別の問題を引き起こす原因となるため避けましょう。


一方新型の歯間ブラシは、歯茎に当たる部分全体が衝撃の少ないプラスチックで作られています。

針金のような硬さ、繊維の荒さからくる歯茎の痛みは感じません。

少し強めに歯と歯の間を探っても、旧型の歯間ブラシならまず避けられなかった歯茎の痛み(&出血)が、「心地よい刺激」程度で済みます。

それでいて当然、歯垢も取ることもできます。

歯茎へのダメージが小さいので、長い目で見て断然、歯茎にとって有益です。

「歯間ブラシで歯垢を取る」という正しい行動を取りながら、歯茎を傷つけてしまえば元も子もありません。

誰かと喋る時に、歯茎からの出血のせいで「生臭い」とか思われたら損ですよね?

したがって、使用する歯間ブラシを選別すべきです。

私が常用している歯間ブラシは、歯茎へのダメージが少ないながら食べカスを除去できて大変役立ってます。(ただし、作りが繊細なだけに、力を入れるとやや壊れやすい面も)

この記事を書く2日前にも、奥歯で虫歯臭を発していた植物片の除去に成功しています。(翌日には、口臭と歯茎の腫れが解消!)

実際に問題解決に成功したので、自信を持って購入をオススメできます。

追記 : 親知らずも口臭の原因

歯と歯の間の隙間を「ポケット」と呼びます。

歯ブラシや歯間ブラシでは届かない位置に大きなポケットを作ってしまうのが親知らずなんですね。

上の歯にできた親知らずは抜歯が容易ですが、下の親知らずは激しい苦痛を伴うため、放置されがち。

しかし親知らずと奥歯の間の奥まった場所にあるポケットに食べカスがたまり異臭を放つ例が少なくありません。

この位置に蓄積した食べカスは、歯科で特別な器具を用いて洗浄しなければ除去できません。

親知らずがある場所に、歯ブラシや歯間ブラシで取れない臭いが確認される場合、抜歯も検討した方が良いかもしれません。

当面は、モンダミンなどの洗浄剤で菌の繁殖は防げますが、放置は禁物です。

歯は一生ものなので、定期的な歯科検診が必要です。

しっかりケアして歯に優しい生活を心がけましょう。