Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【引きこもりは親の責任です】引きこもりの原因と解決策について【「8050問題」の解決策も考える】

先日、Yahoo!ニュースに引きこもりに関する記事が掲載されていました。

日本人の引きこもり傾向に警鐘を鳴らす内容でしたが、若干引っ掛かるものを感じました。

記事によると、20代の引きこもりが増加中であり、40才~64才の引きこもりは推計61万人に達するそうです。

最悪の場合、80代の親が50代の息子の面倒を見る「8050問題」へと発展してしまうケースも珍しくなく、引きこもり問題が深刻な家族トラブルの火種であることが提起されます。

私が引っ掛かったのは、「子供が引きこもりになる責任は、親と子のどちらにあるか?」というまとめの部分でした。

実際のところ、引きこもりになる原因は受験や就活の失敗、いじめ、病気などさまざま。にもかかわらず「親の責任だ」と責めるのは、正解とは言えないのかもしれません。

確かに、引きこもりに陥る原因は、突き詰めると子供の社会生活の失敗に求められるのかもしれません。

「社会生活の失敗を引き起こしたのは子供なのだから、親が責任に感じる必要はない。」

そう考える人がいても不思議ではありません。

しかし社会生活の失敗が実は親の責任にあるとしたら、引きこもりの原因もまた親に追及されるべきではないでしょうか?

「引きこもり問題の責任は誰のせいか?」について考えた結果、「8050問題」の防止方法まで含めた自分なりの結論が出たので、シェアしたいと思います。


1. 引きこもり問題で問われる「親の責任」とは、家庭と実社会のズレ

引きこもり状態の定義

世の中には、2種類の引きこもりが存在します。

1、社会からの逃避行動として引きこもる人
2、仕事の最大効率を出す上で、引きこもりが最適という人

現代は、専門技術さえあればオンラインの外注業務を受けて生計を立てられる時代です。

ITの発達に伴い、仕事の連絡やショッピングもオンライン上で完結するので、外出の必要性はますます少なくなっています。

冒頭の記事では語られませんでしたが、ITの発達に伴う労働環境の変化も日本人の引きこもり傾向を促した要因として挙げることができるでしょう。

自営業者の中には、外出を無駄と捉え、引きこもり状態で作業に没頭することを好む人たちが存在します。

この引きこもりはネガティブなものではなく、止めさせる必要がないことに留意が必要です。

しかし、一般に「引きこもり」といえば、社会からの逃避行動によって家庭に引きこもる人たちのことを指します。

これは、社会生活の苦痛から家に避難場所を見いだした人達です。

眼前の脅威を克服するのではなく、対処療法的に危機から距離を置き続けようという姿勢です。

さらに、空白の時間を非生産的なネットゲームなどに費やしがちなので、根本的な問題が解決されません。

その間、社会経験の機会を得損なうため、さらに現実社会との溝が深まり、時間が経つほど適応に困難をきたすようになります。

こうした悪性の引きこもりが抱える欠陥は、社会適応能力の欠如です。

この社会適応能力の高低が、幼少期に過ごした家庭の中で決定づけられることはあまり意識されることのない事実です。


引きこもりの原因は、家庭で培った社会イメージと現実社会のズレ

やや残酷ですが、0〜3才までの幼少期を逃すと、その後にいくら努力を行ったところで引きこもり防止に効果は期待できなくなります。

このことは、人間の脳の発育過程で説明できます。

人間の身体は、0才~25才に至るまで漸次的に発達を遂げていきます。

しかし脳は、この成長パターンを辿りません。

近年の研究では、3才までに脳の80%が、6才までに90%が、そして12才までには100%が完成することが明らかにされています。

身体は成人するまでゆっくりと成長していきますが、脳の発達はかなり早熟なのです。

とはいえ、12才を過ぎた後でも人間は自己の能力を高めることができます。

学校教育は最低でも18才まで続きますし、脳の可塑性(脳のネットワークを新しく作る能力)は生涯失われることがありません。

しかし、脳機能の基礎的な反応パターンを司る地頭の部分は、12歳までに固定されるのです。

行動とは刺激に対する反応のことです。

さらに刺激に対する反応を決定付けるのは認知の役目です。

この認知のパターンは12歳までに形成され、それ以降に変更を加えることはできないのです。

もちろん、人間は何歳になっても処理能力を高めることはできますが、その到達可能な範囲は、12歳までに培った脳機能の制約を受けます。

言い換えれば、12歳以降に重ねる教育・経験は、12歳までに形成した脳機能に対するレバレッジでしかありません。

人間の能力は、12歳までに到達した脳機能に対する倍数分しか伸ばすことはできないのです。

さらにこの傾向は、知能指数(IQ)だけでなく、対人スキルや心の知能指数(EQ)、社交スキルについても当てはまります。

もし、子供が引きこもりになったとき、「自分に責任はない」と主張する親は、子供が12才(主に3才)になるまでに適切な社会環境を用意してきたかという問いに答えなければなりません。

引きこもりを抱える親が自問すべき条件① 0歳〜12歳に至るまでの関係の取り方

最初に考えるべきは家庭です。

12歳までに培った社会イメージは、人生を通して社会のモデルケースとして使い回されることになります。

特に0~3歳までの期間は、脳の80%を形成する点において重要です。

この人生の80%を左右することになる期間において、最大の社会関係は家庭です。

3歳児には生活の必要を満たす力がないので、親に依存しなければなりません。

この無力な赤子に対して親が、無能力者と見なし甘やかすのか、莫大な可能性を秘めた存在として対等に扱うのか。

これが最初のターニングポイントとなるでしょう。

そのときに刻み込まれた関係性のイメージは、生涯使い回す人間関係の型(80%)として潜在意識に定着するのです。

そして脳機能が完成に至るまでには12年間の歳月を要しますが、この時に行われる脳回路の形成は、その時に身を置いている環境への最適化を志向します。

この期間に形成した社会イメージが、その後に身を置く学校や職場といった現実社会と食い違えば、子供は適応に困難をきたすようになります。

笑うポイント、非言語のメッセージ、集団内における力関係の調節方法、こうした規準が自身が家庭で培ったイメージとかけ離れているほど、社会関係に抱えるストレスは膨らみます。

そのストレスがちょっとした対立や排斥、立場の変更がきっかけとなって臨界点を過ぎた時、支えきれなくなった自我を保つために自室にとじ込もるという逃避行動が引きこもりのメカニズムと考えられます。

この幼少期に与える社会環境は、現実の社会より厳しすぎても甘すぎてもダメです。

ごくごく現実社会に近い社会関係を刷り込ませてこそ、子供は心理的な摩擦なく社会へと踏み出し、その後の円満な社会関係を築いてゆけるようになるのです。

引きこもりの責任を子供に追求する親は、最初に次のことを自問自答しなければなりません。

子供が12才になるまでの間に、自分たちは実社会で生きていくにふさわしい社会イメージを提供できたか?

幼少期の家庭における父、兄弟は男性像の象徴、母、姉妹は女性像の象徴

引きこもりを抱える親が自問すべき条件② 3歳までに与える性別イメージは適切だったか?

家庭で培うべき社会イメージについて、もう少し詳しく見ていきます。

人間には男女の2種類が存在し、両者で接し方は異なります。

人生における大きな挫折は、男女関係、同性関係の失敗がきっかけになりがちです。

その拠り所となる性別イメージもまた、12歳までの社会関係の中で形成されます。

特に3歳までの情報が重要であることは、脳の80%が形成される事実として、述べてきた通りです。

3歳に至るまでの最大の社会関係は家族であり、したがって、最も親密な関係をとる親、兄弟、姉妹との関わりが問題となります。

この脳の80%ができあがる3歳までの間に、生涯使い回す性別イメージが決定することには、もっと注意が払われても良いでしょう。

父親と兄弟は、男性イメージの象徴です。

男の子の場合、その後の人生でとる同性との関係性は父(祖父)、兄弟との関係性が基礎になり、生涯を通して同じパターンを志向します。

いっぽう母親と姉妹は女性イメージの象徴であり、人生を通して、異性との関係性の基礎になります。

また女の子の場合は、上記が逆転します。

もちろん、これは接触の密度から家族を頂点に置いただけです。

人によっては、ベビーシッターや、幼稚園の先生、近所の人、近所の友達と多岐に渡り、重要度の高さもそれぞれでしょう。

しかしながら、前項で述べた社会性の決定メカニズムと同様に、12才(特に3才まで)までに接してきた男女が人生の性イメージを左右するという事実から人間は逃れられません。

同性、異性への対処能力は、円滑な社会生活を送る上で欠かせないスキルです。

特に異性との、お互いを高めていく互恵的な関係を築けるか否かは、人生を左右する大きな分岐点といえるでしょう。

こうした無意識の判断も、「男性、女性はどうあるべきか?」という社会イメージに規定され、12才(特に3才)までに囲まれてきた人々との交流を通して決まるのです。


男女が喜ぶポイントの違い、男女はどうあるべきか、男女の関係性はどうあるべきか

こうしたイメージを形成する期間に、虐待、いじめ、甘やかしといったバグが混入すれば、子供の男女イメージは混乱を来すことになります。

親は子供の性別イメージが混乱をきたさないよう、「自分対子供」だけでなくあらゆる関係性に介入し、管理しなければならない義務を背負っているのです。

引きこもりを抱える親は次の問いに答えなければなりません。

0〜3歳の期間に与える性別イメージにバグはなかったか?

引きこもりを抱える親が自問すべき条件③ 子供に多様な社会的刺激を与えてきたか?

現代ではインターネットの登場による情報の広がり、またグローバル化の加速といった条件から、社会の多様化が進んでいます。

ここに躓くことも引きこもりを誘発するでしょう。

多様性に対応できる人間は、人類が多様性に満ちていることを知っている人間です。

その程度もまた12歳(主に3歳まで)までの認知に左右されます。

したがって、この期間における交流は、量・幅ともにより広いことが理想です。

幼少期に受ける刺激が多様であるほど、大人になったときに許容できる多様性の幅も広がります。

逆に幼少期に接した多様性の幅が狭いと、社会生活に支障をきたす可能性が高いです。

したがって、引きこもりを抱える親は次の問いに答えなければなりません。

12歳(主に3歳)までの間に、幅広い社会関係を与えてきたか?


3. 引きこもり防止策が機能する幼少期の間にすべきこと

12歳を過ぎての働きかけは効果が薄い

説教臭くなって恐縮です。

しかし、12歳(特に3歳まで)までの刺激が人生を左右する現実には、何人たりとも逃れえません。

この時期までに、生涯使いまわす社会関係の型を形成するからです。

12歳を過ぎると、既に出来上がった脳機能に変更を加えることはできなくなります。


しかしながら、子供の引きこもりを嘆く大半の親は、事後対処に徹しがちではないでしょうか?

ひどいケースだと、自分たちが見せてきた社会イメージについては見ないことにして、ひたすら子供の才能に責任転嫁しようとします。

これは、発達メカニズムに対する理解が欠如した人間の考えに過ぎ得ません。

社会への対処能力が培われるのは、脳が出来上がる12歳(特に3歳まで)までです。

したがって、引きこもりの防止策がとられるタイミングもこの時期であるべきです。

本記事では便宜的に3つの問いを用意しました。
条件① : 0歳〜12歳に至るまでの関係の取り方は適切だったか?
条件② : 3歳までに与える性別イメージは適切だったか?
条件③ : 子供に多様な社会的刺激を与えてきたか?


ではこの3つのトピックは、具体的にはどのような形で子供に行使されるべきであるか、最後に考えたいと思います。


条件① 現実社会と近い社会イメージを刷り込む。甘やかしや虐待はご法度

引きこもりのリスクは、脳に刻み込まれた社会イメージと現実社会のズレに比例します。

人間の社会イメージは、脳機能が完成する12歳まで、特に80%を形成する3歳までの期間に左右されます。

したがって、3歳までの期間に与える社会イメージと実社会とのズレを減らさなければなりません。

この期間に甘やかせば、依存的で無責任な大人に成長します。

虐待を加えれば、自分の価値を認めることのできない自虐的な大人へと成長していきます。

どちらも引きこもりの根を宿しており、将来的なストレスが契機となって、引きこもりを起こすことが危惧されます。

したがって、3歳に至るまでの子を囲む親は、関係性が実社会とズレないように留意しなければなりません。

それは、子供を一人の大人として一人前に扱うということです。

次のような行動が重要になるでしょう。

自分のことはできるだけ自分でやらせる、挑戦を促す、失敗した時のケアを怠らない


条件② 子供の性別イメージにバグが起きないよう心がけ、兄弟や姉妹関係にも介入する

人間の脳は、3才までに80%、6才までに90%、そして12才まで100%が形成されます。

したがって、0才~12才までの12年間の間に、いかに豊かな経験を積ませるか?が子供の人生を左右します。

交流がより豊富で幅広いほど、理想的であることは間違いありません。

しかし、ただ野放図に色々な人と関わらせたのでは、逆効果になる可能性もあります。

関わる人間の全員が、必ずしも社会的に好ましい刺激を与えるとは限らないからです。

したがって、適切な社会性を与えたい親がするべきは、子供に与える刺激を厳選することです。

そうでなければ、子供の引きこもりリスクを完全にブロックできないどころか、逆に助長してしまうことさえ起こりうるでしょう。

筆者の経験を述べると、幼少期から受け続けた姉からの侮辱が、今も自信の弱さとして残っています。

当時、新しく家族の仲間入りをした私に対して、姉は激しい嫉妬心を隠すことをしませんでした。

幼少期の耳を噛む、つねるといった虐待に始まり、言語を使うようになると、ことさらに私の欠点を強調し、自分の傘下に置こうと執拗に攻撃してきます。

幸い、学校では一定の仲間に恵まれ、楽しく過ごすことができました。

私の人生にいじめられた期間を探すとすれば、この家庭での姉からのイジメくらいでしょう。

とはいえ、この期間の経験が私の精神にもたらした影響は小さくありません。

今でも自分の欠点を他人が気にしているのではないか?と不安になったり、攻撃に怯えたりすることがあります。

仮にこの心理状態の責任を追求するとすれば、当時、監視役であった親の不介入に求めることができるでしょう。

親は攻撃される私に気づこうともせず、仕事一辺倒に徹するばかりでした。

子供の人生に禍根が残らないよう、12才までの間に子供が受け取ろうとしている刺激を監視し、問題が起きたなら解消するように介入することが親の勤めであることは間違いありません。


条件③ 将来の方向性がある程度定まっているなら、3歳までの間に体験させる

能力不足も引きこもりを引き起こす原因です。

なぜなら、いじめとは能力の不足したメンバーに対して行使される排斥行為という側面を持つからです。

もちろん、能力不足という条件だけでいじめが行使されることは少なく、他のいくつかの悪条件が重なることが大半です。

しかしながら、能力がある人物はどこに行っても重宝され、排斥されることはありません。

したがって、3歳までの間に能力に関わる機能を強化してあげることは、将来の引きこもりリスクを減らします。

具体的には、将来携わる分野の方向性がある程度定まっているなら、3歳までの間に体験させることです。

将来に特定の分野で活躍できるかは、対応能力の有無が決め手になります。

脳機能の80%を形成する3歳までの期間は、対応能力を身につけさせる格好の期間です。

現代では、ITによる自己学習が可能ですが、人的資本を通した学習には敵いっこありません。

人的資本の中での学びを可能にするのは、幼少期に培った対応能力から大きな影響を受けます。

こういうと、次のような反論があると思います。

「親が子の道を決めるのはダメだ」

確かに親が別の選択肢を認めないレベルになれば問題ですが、特定の分野への対応能力を与えることに何の問題もないはずです。

子供が成長した後に、別の道を歩みたいと言えば、認めてやればいいだけの話です。

3歳までにすべき教育まとめ

以上のように、幼少期の子供に対して親がとるべき具体的な実践として3つを挙げました。

条件① 現実社会と近い社会イメージを刷り込む。甘やかしや虐待はご法度
条件② 子供の性別イメージにバグが起きないよう心がけ、兄弟や姉妹関係にも介入する
条件③ 将来の方向性がある程度定まっているなら、3歳までの間に体験させる

人生に関わる3つのイメージを健全に満たすことができれば、引きこもりはまず起きないだろうと思います。

つまり以下の3つです。

漠然とした社会イメージ(自己対社会)、性別イメージ、人生観(職業観)

逆にいうなら、引きこもりの責任を子に帰することができる親は、この3つの条件を健全に満たせた人だけだと私は考えます。

もちろん、人間の行動は、環境以外の遺伝子にも左右されるので、子を責める余地は残されています。

しかし、子を叱責する前に、親は上記3つを満たしてきたか、自問し直すべきです。

近年、社会競争の激化を背景に悪性の引きこもりが増加傾向にあります。

そうした中で、12歳(特に3歳まで)までの教育が子の人生に及ぼす重大性について、さらに認知が進むことを望みます。


補足 : 8050問題の解決は、歪んだ認知を再解釈するしか方法がなく、時間もかかる

本記事のタイトルに載せた「8050問題」とは、80歳の親が50歳になった中年息子の世話をする状況を指します。

働き盛りであるはずの息子を世話する親の負担は想像を絶するレベルらしく、耐えかねた親が息子を殺害する事件が報道されることも珍しくありません。

この「8050問題」を引き起こす50代の中年息子を社会復帰させるのは容易ではありません。

経験不足であろう50代の人物を受け入れる度量を社会は持ち合わせていないからです。

しかし、現代ではITの発達を背景に、外注やYoutuberとして収益を得ることが可能です。

そのような生産行動に踏み切らせれば状況は改善するでしょうから、自己イメージにポジティブな操作を加えることが有効でしょう。

この辺りは、オウム真理教の洗脳患者の脱洗脳で一躍有名となった苫米地英人氏の著書に効果が期待できます。

基本的なコンセプトは、使う言葉を変えることです。

これは、思考は言葉によって形成されるという考え方に由来しています。

引きこもりの子供に読ませるのがベストですが、難しければ親が多読して、子供に有益な言葉を投げかけるようになりましょう。

「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

  • 作者:苫米地英人
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2013/08/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)