Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

残念ながら暗記には意味がない【教養を身につけたい人、必読】

「教養」とは、暗記知識のことではありません。

品位、人格、物事の理解力や創造力を高めてくれるような、文化や学問に対する幅広い造詣のことを指します。

ただ「知っている」だけでは教養ではないのです。

多くの人が「教養を身に付けたい」と考えるのは、以下のようなメリットがあるからです。

  • 社会を先読みする洞察力が身につく
  • ニュースや新聞の情報に対する理解力が高まる
  • 立ち振る舞いに教養が表れ、社会ステージの高い人たちと交際できるようになる

多くの人が「教養を身につけて物事を深く理解できるようになりたい」と考えています。

しかし教養は日本人の鬼門。

なぜなら、暗記で学問を見つめる悪癖が義務教育によって定着しているからです。

多くの人が手探りで教養を求め、誤った方法で時間を浪費しています。

私も、本の多読で教養を身につけようと頑張ってきましたが、ぶっちゃけ効率は良くありませんでした。


そこで今回は、記憶のメカニズムに立脚した正しい教養の身につけ方について解説します。

ちなみに私の教養がどのくらいかというと、(教養のありそうな)西洋人とすれ違うときに、少なくない割合で「おっ」という視線で見てもらえ、外国の歴史博物館に行くとたまに外国人が展示品の内容について話しかけてくるレベルです。

人生の幅が広がることは間違いない上に、テストを乗り切るための記憶にも効果を発揮してくれます。

禁止事項も解説するので、教養の身に付けたい全ての人の役に立てると思います。


第1章 : 「記憶」という概念の整理【教養の定着にはエピソード記憶が必要】


暗記って、人間がやる記憶の中で最悪の部類なんですよ。

教養に関わる記憶の分類【経験して得た知識が最強】

記憶には「短期記憶」と「長期記憶」という分け方があります。

記憶の持続時間○「短期記憶」・・数秒
○「長期記憶」・・数分から一生
(参考 : 脳科学辞典

記憶力に関するサイトには、「丸暗記」を「短期記憶」に含めているものが少なくありません。

しかし上記の定義と照らし合わせるなら、誤りですね。

持続時間が数分以上にわたって続く記憶は、概念的には「長期記憶」です。

長期記憶とは○ 陳述記憶(意味記憶、エピソード記憶)
○非陳述記憶 (手続き記憶、プライミング)

長期記憶の2分類は、「その記憶が意識上にイメージされるか?」で決まります。

記憶の回想に言葉やイメージが用いられる場合は「陳述記憶」、非言語のまま進行する場合は「非陳述記憶」です。

知識に関わる記憶は前者の「陳述記憶」なので、とりあえず後者は無視します。

「陳述記憶」はさらに、「意味記憶」と「エピソード記憶」に分かれます。


(※ 一般に使われる「短期記憶」と「長期記憶」の分類は、正確にはこの分け方が正しいと言えます。)

長期記憶の分類○「意味記憶」 → 概念、ルールの内容だけを記憶した知識
○「エピソード記憶」 → 個人の経験に基づく記憶。空間、時間、身体感覚などの付随情報を含む


「意味記憶」は、個人の経験から離れた一般的な知識(ルール、概念など)に関わる記憶を指します。
(例 : 日本の都道府県の数は47、野球は3アウトでイニングを交代する)


「エピソード記憶」は、個人の経験に基づいた属人的な記憶で、一般化することはできません。
(例 : 2015年にインドのマイソールで南京虫に襲われた)



暗記知識の問題点は、「記憶が継続しない」ことでしたが、それはそのまま「意味記憶」の持続力の弱さと言い換えられます。

つまり、経験を通して得た知識は、感覚刺激を伴うため、記憶の入力・出力ともに大脳以外の領域が関わります。

複数の脳領域が同時に発火し、「連合」と呼ばれる脳回路のネットワークが形成されます。

発火する脳領域が広いと、それだけトリガーの引かれやすさ(想起のしやすさ)、持続性も高めることができるのです。

一方、大脳に孤立した情報は、時間の経過や他との上書きなどによって、容易に失われ長期化しません。


「暗記力」を重んじる受験戦争の勝ち組は、記憶を長時間、持続するのが上手な人です。

このタイプは、「単純暗記をエピソード記憶に移す能力」が高い人と見て間違いないでしょう。

例えば、野球のルールとして「3アウトで1イニングを交代」という知識を知った時、これをエピソード記憶に変換できる人は、実際に野球をプレイします。

野球をプレイして皆んなが「3アウトで1イニングを交代」している様子を見て、自分も同じ行動を取ることで、意味記憶に関わるエピソード記憶を作ることができるのです。

野球をプレイして「意味記憶」に過ぎなかった知識を「エピソード記憶」の中に組み込めれば、脳の広い領域に関わる「連合」を作ることができ、記憶が持続化します。


暗記も教養も関係なく、円滑化のためにはエピソード記憶の活用が必須


暗記も教養が種類の全く異なる記憶というような書き方をしてしまいましたが、この2つは、ともに陳述記憶を用いる点で共通です。

ただし学校の教育スタイルからして、暗記の方が「意味記憶」に止まりがちであることは間違いないでしょう。

いっぽう、教養は個人の自発性に基づく知識を指すことがほとんどなので、結果的に読書や留学といった経験を伴い、脳に形成された「連合」によって長期化しているだけです。


第2章 : 「教養が身に付く!」といった触れ込みの本は、時間の無駄【暗記が働くから】


世には出回る「教養本」は選別が必須

本屋に行くと、たくさんの「教養本」と銘打たれた本が棚に並べられています。

この類を読んでも効果は期待できないでしょう。

激しく笑える「阿刀田高」のような例外をのぞいて、無味乾燥な「知識」の入力に留まるからです。

それは暗記と呼んだ方が正しく、「意味記憶」の範疇なので持続時間も数分しか持ちません。


最初から教養を身に付ける目的で臨んでしまうと、暗記が働く

ほとんどの日本人は、何かを学習しようと意気込むと、暗記を働かせてしまいます。

教育の過程で、暗記を刷り込まれるからです。

これを崩さない限り、教養は身につきません。(暗記さえも)

とはいっても、やることは簡単。

エピソード記憶を可能にする「連合」の枠組みを用いるだけです。

言い換えるなら「楽しい」学習の仕方をとれば、教養を積むことは容易です。


第3章 : 「感情」から入った知識は、結果的にエピソード記憶に残る【楽しいが無難】

記憶をエピソード記憶に直すには、感情や経験の介在が欠かせません。

言い換えるなら、感情や経験に伴う「連合」を作りさえすれば、記憶をたぐり寄せる「トリガー」を引きやすくなるのです。

したがって、本を読むだけ、知識を繰り返しなぞるだけ、というやり方は×です。

それに面白さが伴わない場合、賞罰や死活性でもなければ、数分しか持続しない意味記憶として処理されるだけです。

知識として身につけたい対象について、「経験」してください。

それがエピソード記憶を可能にする「連合」を作る唯一の方法です。


動画を見るでは不完全

映画のシーンでもない限り、Youtubeなどの動画を見て身体感覚が刺激されたり、感情が揺さぶられたりすることってないですよね。

これに同意される方は、映像メディアでの学習は向いていないと思います。


外国の教養を身に付けたいなら、その国に行く

外国旅行中に勉強すれば分かりますが、とにかくよく頭に入ります。

外国の歴史建造物について調べるとかですね。

それは、自分の非日常の中で経験する新鮮な感覚の中に知識を位置付け流ことができるからです。

つまり、外国旅行というエピソード記憶の中に、一般的な知識を組み込めるからです。

こうした作用を利用しましょう。


友達との会話に混ぜるでもOK

親しすぎる相手だと新鮮さに欠けますが、友達との会話に知識を織り交ぜる経験を持つ。

それだけでも、エピソード記憶の形成が期待できます。

ただ、日本だと知的な会話は敬遠されがちですし、仲の良い友達相手にやると仲違いの原因になりますよね。

だから、身に付けたい知識がある場合は、外国人に説明すると良いかもしれません。

英会話カフェLanCul
なら外国人とチャット気分で会話できます。

当然言語は英語なので語学力も身につく上に、その経験がエピソード記憶をさらに強化するので一石三鳥ですね。

無料体験枠も使えるため、一度経験してみると、その効果を実感できると思います。