Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

日本の高齢者が老害と化すのは「生涯現役」思想が原因。国外にも通用する老害国家の見分け方とは?

1. 日本人が老害になりやすいのは労働資源の乏しさが原因【生涯現役思想】

2019年12月2日、群馬県の関越自動車道で、80才の男性が運転する自動車が下り車線を逆走し、前方から来た自動車と正面衝突する事故が起こりました。

https://sp.fnn.jp/posts/00428196CX/201912020032_CX_CX

衝突の結果、逆走車を運転していた男性(80)が死亡し、衝突された車にのっていた2名が重軽傷を負った模様です。

加害者の高齢男性は足に障害を持ちながらも、周囲からの免許返還の薦めを辞してまで運転にこだわっていたとのこと。

理由は、「周囲に迷惑をかけたくない」でした。

私は、この事件に老害を量産してしまう日本文化の悲劇を見た次第です。

日本は老害の「出る杭を打つ」で衰退するパターンを繰り返している

1939年、ソ連の間に起きたノモンハン事件の敗北の原因は、日本軍の兵器の近代化の遅れに求められます。

欧米の兵士が最先端の自動小銃を携帯する一方で、日本軍は旧式の単発銃の量産に腐心していました。

そのありさまは、ソ連の将校からも「日露戦争の時と変わらない」と評価されたほどです。

軍を指導した3名の指揮官にはソ連に内通する者もいたほどで、兵器の近代化に躊躇したことに加え、まさに老害の極みでした。

技術革新を拒む老害の方針によって衰退を迎えるというパターンは、今に始まったことではありません。

中国は、意外と老害が少ない

日本の問題を考えるとき、ある人は日本文化のモデルとなった中国に原因を求めるでしょう。

しかし中国には、老害に起因する技術革新の遅れといった問題を起こしていません。

もちろん、儒教の年功序列方式に従って年上への敬礼は絶対です。

しかし、そうした礼儀の大部分は作法によって支えられています。

すなわち、形式上の上下関係であって、上下関係が精神の領域にまで及ぶことはありません。

礼儀作法を満たしさえすれば、年下にも発言権が認められるのです。

実際に現代の中国は、欧米で最先端の潮流が生まれると、いち早いコミットを試みます。

もちろん、既得権益の克服を目指す社会主義という国情もあるでしょう。

しかしながら、資本主義経済の導入、IT化の導入を矢継ぎ早に達成し、近年は世界最先端の電気自動車、自然エネルギー利用のトレンドに世界最速でコミットしつつある切り替えの早さは目を見張るものがあります。

同じ東アジアに属しながら、日本と中国の間に改革の早さに格段の違いがあることは、誰の目にも明らかです。

この違いを産み出しているのが、老人の態度です。

日本は老害の宝庫【出る杭は打て】

日本の老人は、一度手にした既得権益を手放そうとせず、老いてなお組織にしがみつこうとします。

もちろん、年金財源の不足というシステム面の問題もあるでしょう。

しかし「生涯現役」という言葉が象徴するように、日本人は老いてなお現場に居続ける選択を好みます。

上下関係を重んじる日本社会に残る以上、老人たりとも権力を振りかざさないわけにはいきません。

そんな中、新しい技術をベースとする若者世代からは盛んに技術革新が提起されます。

しかし、技術革新とは旧式の否定です。

自分の優位を守り抜くために若者世代の先進的な発想を否定し、改革の出鼻をくじくことは、生涯現役を前提とする日本の老人が老後を生き抜く上で避けられない行動なのです。

「出る杭は打つ」という足の引っ張りが、結果的に社会全体の損失を招くことは、彼らも理解しているのかもしれません。

しかし組織に居続け、かつ上層を維持しなければならないという条件が、彼らを陰湿な足の引っ張りに走らせてしまうのです。


老害の発生元である「生涯現役」思想の源泉は、戦争捕虜がいないこと

老害の発生メカニズムは、いくつになっても組織に居付こうとする彼らの「生涯現役」思想に依拠します。

実際、技術革新がスムーズに進む中国の目には、日本の労働環境における老人の多さは奇異に映っているようです。

では、日本人の「生涯現役」思想は、いったいどの様な条件に導かれているのでしょうか?


それは、労働資源の乏しさにあります。

大陸と海で隔てられた日本には、大陸のような領土紛争が起こりませんでした。

もちろん、半島の勢力を攻めた時代もありましたが、国力が高まった数百年に1度という規模のイベントに過ぎません。

戦争は、勝者と敗者を分け、勝者側に敗者側の捕虜を奴隷として与えます。

領土紛争が止まなかった大陸では、戦争捕虜が戦勝国の労役を担い、労働市場を潤してきたのです。

肉体労働のような誰にもできる作業は、奴隷の仕事です。
したがって軽視され、悪徳として差別されてきました。

島国で孤立した日本には、大陸のような条件はありません。

戦争がないので戦争捕虜も生じず、労働は自分達の手で行う神聖な行為と見なされます。(国内統一にいそしんでいた古代には、日本にも奴隷がいた)

労働の難易度に関係なく、神事として一生懸命に取り組まなければなりません。

その真剣さが、現代には高性能な日本製品として世界に名を馳せ、スポーツ領域にも波及して世界で活躍する名選手を量産してきたのです。

しかしながら、戦争がないという条件は、戦争捕虜を生み出しません。

労働資源の調達方法が人口維持しかないという弱点を日本は同時に抱え持っているのです。

国内需要を自民族でしか満たせないという条件は、国民の総動員を強います。

近代化が進む前は児童労働も当たり前であり、経験ある老人層の動員は当然の義務でした。

彼らの「生涯現役」という使命感は、労働資源の乏しさという日本特有の条件に支えられているのです。

日本と好対照なのが、中国です。

似たような文化基盤を持ちながら技術に対して正反対の態度を貫く日中の間には、労働資源を巡る条件の違いが確認できます。

日本が極端に戦争の少ない歴史を歩んだのに対し、中国は西方への拡大に苦心してきた歴史を持つ国です。

北方の騎馬遊牧民、南方におけるチベット、西方のオアシス勢力といった陣営に取り囲まれる中で、時には矛を交え、敗れながらも、19世紀に植民地化するまでかろうじて強国の地位を保ちました。

その過程で繰り広げられた戦闘では、あまたの戦争捕虜が生まれ、彼らが中国本土の雑役に割り当てられてきたのです。

つまり中国は、戦争によっても労働資源の調達を図れた点で日本と大きく異なります。

自国の外部から労働資源を調達できるので、労働市場の供給率も高く、自国の高齢者に強いる必要はありません。

そのため、高齢者も組織の内部に固執することなく、次世代が動かす社会の行く末を見守るような心境で老年を迎えることができるのです。

もちろん、田舎に行けば街で威張り散らす老害風の人もいるでしょう。

しかし、少なくとも労働分野においては波及していないことは、彼らの技術革新の速度が物語っています。

このように、技術革新の円滑さに隔たりのある日中の間には、老人の態度の違いがあり、それは労働資源の調達難易度の差に源泉を確認できるのです。

人材不足が続く限り、日本人の老害化は絶えない

「生涯現役」を旗印に、高齢者を組織に残し続けば、彼らは自動的に老害化します。

実際、人材不足が声高に叫ばれる中、年金支給年齢の65歳引き上げが施行されました。

2025年までの段階的な措置ですが、大多数の日本人は65歳付近まで労働を止めることができなくなったということです。

つまり、これからも高齢者の老害化は、避けられないトレンドとなるでしょう。

むしろ、少子高齢化の進展具合によっては、人材不足は深刻度をさらに深めるでしょう。

老害の発生を抑止するには、年金財源の確保か少子高齢化の克服しかありません。

それらに現実味が薄い以上、老害がもたらす被害はこれからも拡大の一途を遂げる可能性が高いです。


2. 老害がはびこる社会の判断基準は、歴史的に戦争の勝者として振る舞えたかどうか

日本の高齢者が老害と化しやすい原因は、労働資源の乏しさに求められました。

戦争がなかったり敗北して領民を失うと、国内の労働資源が枯渇してしまいます。

そうした戦争捕虜を持てない国は、不足する労働者を、普通なら戦力外と見なされるような高齢者で補填しなければなりません。

さらに、そうした高齢者が上層へのこだわりを見せることで、若年層の改革と衝突し、社会的な停滞を招いてしまうのでした。

地域覇権を握った国々では、老人は保護されやすい

もちろん、国家それぞれの環境はあっても、人それぞれの個性があります。

強国であるアメリカにも老害的な人は間違いなく存在するでしょう。

また貧富の格差が激しい中国では、現場に居続けたり貧困に陥って老害と化す高齢者も多いでしょう。

私の意見は、国家の改革に老人が首を突っ込み阻もうとするか否かという範囲でしか効力を発揮しません。

史上、ユーラシア大陸を制覇した勢力は存在しません。

しかし地域単位では、各地に異民族地域を包摂する帝国を築いた勢力が存在します。

今日の欧米諸国、中国、インド、トルコ、タイ王国などが、そうした帝国の後継国といえるでしょう。

これら国は、戦争で異民族を征服し豊富な労働資源を獲得できた地域です。(中国、インドは近代に植民地化したが)

インドやトルコの労働環境を伝えるメディアは少ないですが、少なくとも実力主義で貫徹していることは確かです。

これら歴史的な戦勝国に年功序列制度を採用する国々は、ほぼありません。

タイ王国だけは例外的で年功序列が強いですが、これは英米の緩衝地帯として王制が温存された関係も大きいでしょう。
しかしながら、ラオス、カンボジアからの捕虜の流入は旺盛で、自国の老人に高齢労働を強いる文明圏ではありません。
現地の老人も、現場にしがみつくことなく、朗らかな笑顔で将来世代を見守っています。

また、欧米圏や中国圏の老人が、自由を謳歌やすい状況にいることは語るまでもありません。


老害国家の程度は、老人への待遇に比例する。強国としての伝統を持つ国ほど老害率が下がる。

国家の老害率は、客観的な数値を割り出せる科学の対象ではありません。

あくまで私見ですが、老害の程度は国家の老人に対する待遇で決まります。

老人への待遇は、労働に対する強制力で決まり、それは国家の労働市場に依存します。

労働資源が豊富に満ちていれば、高齢者は平穏な年金生活を過ごしやすくなります。

いっぽう、労働資源が不足状態にある場合、高齢者を動員しなければなりません。

そうして供給(維持)された高齢労働者が、現場の権限を握り続けた場合、自らの立場を守るために、改革を阻む老害力を発揮してしまうのです。

実際、世界中に植民地を得た英米人を頂点に、歴史的な国家の権力と老人の平穏さは比例関係にあるように思えます。

つまり、近代史に権勢を誇った国ほど老害率は低く、逆に戦争に弱い、あるいは戦争が少なかった地域ほど老人の老害化の程度が激しいと見ることができます。

老害率の低い国では、安定した老後を過ごせる。老人は威張らない。

戦争捕虜を集めることのできた強国ほど、老人の待遇に優れているということは、労働資源を奪われてきた弱小国の国情を見ればよく分かります。

例えば、長きに渡って中国に服してきた韓国では、近代化を果たした今でも高齢者の老害化が収まらない様子です。

彼らは隙あらばと若者を威圧し、立場の上下を分からせようと粗探しに必死です。

戦争が少なく戦争捕虜の流入が僅かだった日本でも、人材不足は慢性的です。
そのため高齢者に負担を強いなければならず、年功序列思想も根強いため、老害率は高いと言わざるを得ません。

冒頭の逆走車を運転していた高齢ドライバーは、足に障害があるにも関わらず、周囲からの免許返還の薦めを辞退していました。

理由は「周囲に迷惑がかかるから」です。

この考えは、周囲がみんな労働に追われて忙しいため、車を出すために迷惑をかけてはいけないという常識的な判断に基づいてます。

しかし、本来80歳もの高齢者が周囲に保護されるのは社会として当然の発想です。

つまり、冒頭の逆走車の事件は、日本の老人に対する保護の希薄さが露呈した事件だったといえます。

これに対して、欧米、中国、インド、トルコ、タイといった強国を経験した地域の老人は、高齢になってまで労働の義務を負いません。(一部の貧困層は別)

したがって、現場から退き、自らの選んだ老後を楽しむことができます。

現場からも離れているため謙虚で、すでに衰えた身の丈を弁えています。

日本にいたらまず避けられない、老人の「出る杭を打つ」、「不快でわざとらしい咳込み」、「明らかに意図的な妨害行為」といった行動は、人生の邪魔です。

移民の増加にともない不安定性が増大するなかで、貧困から自暴自棄に陥り、冒頭の暴走運転のような事故を起こす高齢者はこれからも後を絶たないでしょう。

もし万が一巻き込まれれば、あなたも道連れです。
相手は責任を取ってくれません。

高齢者が起こしがちな妨害を人生から消去したいなら、いっそのこと海外移住を選択肢のひとつに入れた方が賢明な時代に差し掛かっているのかもしれません。