Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【未経験者、必読】投資初心者が最初に失敗する2つのこと【3ヶ月で資産を50%削ったボクが教える】

概要 : 最初から資産100%でトレードしてはダメ

多くの投資初心者は、次の間違いを犯して膝から崩れ落ちることになります。

投資に慣れていないにも関わらず資産100%を投じる。

これは、万全な準備のもとに、合理的に市場に参入できる投資家が、ほぼいないことに起因します。

投資初心者が市場に参入するのは、バブルや大相場の時。

市場が盛り上がる中で業者やアフィリエイターの売り文句に煽られて証券会社に登録し、お金を振り込むのが彼らです。

一刻も早く勝負を仕掛けたいという陶酔状態の彼らは、「今、勝負をし損ねる=取り残される」と信じて疑いません。

期待感先行でドーパミンに酔った状態のため、予行演習を飛び越しての見切り発車が敢行されます。

投じる資産も100%です。

当然、最初の数回は少額で予行演習を行うべきという理性が働くでしょう。

しかし取引を繰り返すうちに、利益を大きくしよう(損失を補填したい)という気持ちが大きくなり、徐々に金額が増え、チュートリアルだけ済ませたような状態で資産100%を投げてしまうのが彼らの特徴です。

2年前の私がそうでした。

ちょうどビットコインバブルが収束期に入った2017年2月。

200万円に達したビットコイン、400円に到達したXRP。

こうした仮想通貨のバブルが峠を越え、崩壊に差し掛かっていた時期です。

ビットコインが200万円を記録した後150万円まで下落。

落ちきるところまで静観していた私は、下落後の上昇反発を確信して資産100%を投入。

しかし、その直後に落ち留まったはずの下落を再開し、一気に水準を割り込んで120万円まで転落します。

「上昇反発を狩る」つもりでいた私の資産は、削られていくばかり。

秒速で50万円の赤字です。

青ざめた顔でチャートを眺める私は、損失を取り戻そうと、下手くそなトレードを連発します。

そして、記念すべきデビュー戦を終えたとき、手持ちの資産は-20%まで削られていました。

翌朝、目が覚めてすぐにチャートに飛び付いたのは語るまでもありません。

「何かがおかしい」ことに薄々気づきながらも、チャートとにらめっこしながら売買を繰り返す生活の火蓋が幕を切って落とされます。

たしかに、この期間の経験が私の投資能力を向上させてくれたことは疑う余地もありません。

また延々と負け続けることはなく、間に勝利を挟んだこともあります。

しかし、3か月後に資産のページを開いてみると、私の資産は投資を始める前の50%まで削られていたのでした。

条件① : 予行演習を行う【資産100分の1で300トレードが目安】

投資初心者が最初に取るべき行動は、少額トレード300回の下積みです。

本格的に利益を狙うのは、それを終えてからにしましょう。

300回もトレードを経験すれば、投資のメンタル、銘柄の個性、値動きの予測の精度、といったステータスが確実に向上していきます。

逆に未経験の素人は勘で取引を行うため、裏読みの得意な玄人にカモにされてしまうのです。

当然、300回トレードは失敗の連続となりますが、投資額を少額に抑えれば損失は限りなく0に軽減できます。

失敗を重ねれば、失敗を導く選択肢が見えてくるので次回以降の成功率が上がります。

失敗を前提にしたトレードを300回積み重ねて、本番で勝つための力を身に付けましょう。

2-1. 投資初心者のトレードは必ず失敗する

たとえ情報商材などを購入して投資マインドがプロの人でも、初発の投資は負けます。

なぜなら、銘柄特有の値動きの傾向は、実際に取引を実践するまで身に付かないからです。

投資は、ノウハウだけで勝てる世界ではないのです。

2-2. いきなり資産100%を投じた筆者は、初日に-20%、3ヶ月後には-50%まで削った。

投資の第一歩目は、失敗。

と割りきりましょう。

逆に言えば、投資で成功する秘訣は、失敗をコントロールすることです。

素人が回避できない最初の失敗で、大痛手を被るのか、少額に軽減するのか。

これが初心者を振り分ける条件となるでしょう。

実際に、バブルの期待感に促されるまま、いきなり資産100%(現金の)を投じた筆者の資産は、初日に-20%、3か月後には-50%まで削られています。

2-3. とにかく場数を積む。資産の1/100で300回トレードが目安。

私の失敗の原因は、第一発目の投資額が大きいことでした。

いくら私でも、投資の1発目はテスト投下です。

しかし、資産の20%という額が大きすぎました。

20%の資産が増えようが、減ろうが、その次にとる行動は、

投資額を増やす

でしかないからです。

そして投資回数が10回に至らないうちに資産の100%を投じるに至ります。

理由は、損失を取り戻そうとする焦りが働いたからに他なりません。

資産の20%で出した損失は、100%投資で補うしかないという焦りです。

しかし、バブル崩壊の暴落の落ち幅を、未経験の私が予測できるはずもありません。

下落は私の素人予想を遥かに通り越して進行し、さらに大きな損失を私に負わせたのでした。

あわてて損切り(売り)を行っても、損切りを行った瞬間、価格は上に向かって上昇していきます。

焦って、上昇した通貨を再購入するも、その瞬間に相場は下落を再開。

まさに、カモでした。

これを回避するには、最初期の失敗期間を制御する他ありません。

つまり、資産100分の1で300回トレードの下積みを積みましょう。

資産100分の1での失敗なら-30%の損失を出しても、総資産に対する損失は0.003%に過ぎません。

1%未満の損失ならいくら重ねても致命傷には至りません。

もちろん、面白さには欠けるでしょうが、勝つためには欠かせないステップなので、我慢して行いましょう。

300回も取引すれば、自分の弱点、相場の傾向といった基礎が理解できます。

問題点を特定できれば、後はルールを定めて規制するだけで克服できます。

あとX時間で何%ほど動く。といった予測も自然と浮かぶようになってるでしょう。

本格的な利益を狙うのは、そうした基礎条件を身に付けてからにしましょう。


条件② : 参入時期をコントロールする【バブルに便乗してない】

「投資の成功には下積み期間が必要」と頭で理解していても、大多数のトレーダーは失敗します。

その理由は、バブルが始まってから焦って市場に参入するからです。

バブルの陶酔感に乗せられて「急がないと取り残される」という不安心理に駆られると、資産の100%を差し出してしまいます。

その結果、崩壊寸前のバブル相場に投じてしまい、その後の崩壊で大損失を被ってしまうのです。

こうした事態を回避する上で重要なのは、トレードを「今」始めることです。

バブルが始まってから参入したのでは、感覚が狂ってしまうので、予想以上の損失を出す結果に終わるでしょう。

逆に、正常な思考を保てる平時に参入すれば、地道に300回の下積みを積むことができ、バブルに備えられます。

バブルが落ち着いている期間はむしろ参入のチャンスです。

今すぐ証券会社に登録して、勝利のための300回トレードを積み上げてください。