Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【日本カンボジア友好橋付近】ワットプノンから2kmの安宿街に位置するお手頃レストランWhite Coffee【アンコールワット・クオリティーの飯が120円】

マラリアやデング熱が横行するカンボジアは、インドと並び、最も貧乏旅行を勧められない国の1つです。
低予算の旅程では、現地の劣悪な衛生環境と接することになり、普通に危険だからです。

こうした危険性を排除する上では、安いローカルレストランではなく、先進国基準に近い中〜高級レストランを利用することが大事です。

とはいえ、1回の食費に多く費やしたくない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、安価な上に比較的信用に足るローカルレストランを見つけたので報告します。

場所と価格を明記しますので、プノンペンでの旅費を下げたい方は参考にしてください。


カンボジア滞在中に気をつけたい衛生問題


カンボジア料理の味付けが日本食に近い
ことはあまり知られていません。

日本人に馴染みがある味付けの料理に対し、1食の相場は1~2ドル

実質食べ放題のおいしいカンボジア料理を堪能することは、カンボジア旅行の醍醐味の1つです。

ただし、ここで飛びつくと貧乏くじを引くことになります。

日本と同じ感覚で、衛生管理の失落した食品を摂取すれば、いずれ体調を崩すことは明白。

治療費と体力回復費、時間込みで、結果的に赤字を被ることになるでしょう。

※カンボジアの基本的な衛生情報と対策については↓の記事を参照。「発症率40%ともいわれる旅行者下痢症」の解決方法まで記しています。
www.ossanns-oblige.com


汚染された水道水、不十分な食器洗浄、油の使い回しといった問題が横行する先進国水準とかけ離れた衛生基準。

街を歩けば、炎天下の下、何時間も前に作った料理が常温で保管され、ハエがたかる料理を、再加熱もせず顧客に出している光景が頻繁に目に入ってきます。

ずさんな衛生管理で体調を崩されたのでは、滞在中のプランが台無しになりかねません。

そこで頼りたいコンビニエンスストアも、弁当系の品揃えに乏しく、とても日々の食事を賄える品揃えではないのです。

そこで中〜高級レストランを使えば、安全性はグンと高まるのですが、一方でコストが重くなりがちです。
なので、どうしても「安いローカルレストランを使いたい」という方もいるでしょう。

そんな時に重要になってくるのが、信用に足るローカルレストランの選別なのです。


カンボジアの飲食店を信用しきってはいけない

お店を紹介する前に注意したいことがあります。

それは、カンボジアのいかなるレストランも、信用しきってはいけないということです。

なぜなら、蛇口から出てくる水道水が汚染されているからです。

さすがに低級店でも、水道水をコップに入れて渡してくるようなことはありません。

しかし、汚染された水道水を、生野菜や食器の洗浄に充てるのはごく普通の行為です。

ローカル人には細菌耐性があるのか、微量の水道水は問題ない様子。

しかし、耐性のない旅行者は、汚染された水道水を取り込むことで、健康に異常をきたしてしまうことが少なくありません。

こうして起こる激しい下痢症状のことを「旅行者下痢症」と呼びます。

どうやら、汚染水に耐性のあるローカル人は、耐性のない外国人のことを慮れない様子。

中級店でも食あたりを起こすことは珍しくなく、ときには高級店でも体調不良が報告されるほど。

もちろん、旅行者下痢症の発症率(全体で20%〜40%ほど)は、上級店に向かうほど下げることができます。

しかし、水がダメな以上、0%まで下げることは期待できません。

そのため、レストランでは、以下2点を守ってください。

特に中級以下のレストランの場合、絶対です。

生野菜の摂取を避ける
口に入れる食器は、使用前にテーブルに置かれているティッシュで拭う

これから紹介するレストランは、健康問題なく、連日に渡り利用することができました。(生野菜の摂取は避けた)

そのため品質と衛生に一定の信頼性を持っていますが、無事だったのは偶然だった可能性も否定できません。

そのため、上記2点は必ず守ってください。


プノンペンのワットプノンから2kmの距離に位置するWhite Coffee

ワットプノンといえば、プノンペンを象徴するトンレザップ川のほとりにある寺院。

付近には王宮やアメリカ大使館があります。

White Coffeeが立地するのは、こうした観光エリアから一歩外れた地区。

観光エリアとローカルエリアの境目に位置しており、ワットプノンからフランス大使館の方向へ向かうことで、アクセスできます。

White Coffee(Cafe Brother)
・所在地: 70 St, Phnom Penh, カンボジア
・営業時間: 5:00 ~ 19:00

なおGoogleの表記はWhite Coffeeですが、現地ではCafe Brotherに改名されています。


White Coffeeが推薦に値する理由

評価した理由は2つです。

料金を超越した料理のクオリティ
オーダー後に調理してくれる衛生感覚



メニュー単品が4,000R~10,000R(1ドル〜2.5ドル = 111円〜277円)というお手頃な価格。

でありながら、お腹が膨れるだけのボリュームを備えた美味な料理を提供して貰えます。

カンボジア料理特有のシンプルさはありながらも、価格を明らかに圧倒したクオリティ。

実際に料理を見てみしょう。

Rice with Beef - 7,000R(1.75ドル= 194円)

汚いローカル店のように、長時間展示された食品を皿に盛るのではなく、オーダーを受けた後、奥の厨房で調理してくれます。

そのため、完成までにやや時間はかかりますが、加熱により殺菌された証なので問題ありません。

衛生的で信頼感が持てます。

お店の雰囲気も清潔で、日本のレストランと比べても見劣りしません。

※結構野菜盛りなことがありますが、これは念の為、除去した方が良いでしょう。

White Coffeeの様子

通路から見える外装はCafeそのもの。
お店の前に掛けてある料理のメニューから、レストランを営んでいることが分かります。
店舗の前にあるカフェブースの中で、女性スタッフが暇そうにスマホをいじっているのがデフォルト。

入り口付近まで進むとブースから出てきて笑顔で対応してくれます。

オーナーの女性は気さくで愛想がよく、おそらく親日の人。
ホスピタリティに溢れており、客を心から大事にするタイプ。
信頼で集客する姿勢が前面に表れており、その点も日本人好みだと思います。

メニューはクメール語で何が何だかわかりせんが、女性スタッフは英語が流暢なので、意思疎通には困りません。


White Coffeeへのアクセス

トンレザップ川の上に掛かるカンボジア日本友好橋からほぼ直線距離でアクセスできる店舗。

日本カンボジア友好橋の末端
日本カンボジア友好橋を渡ってすぐの「キャノン」の看板が目印

カンボジア日本友好橋から市内方面へ真っ直ぐ進むと、ロータリーがあり、道が4,5方向に分岐しています。

大きなロータリー
日本カンボジア友好橋から正面の道に進んでください。
”Bayon Barkery”というよく目立つパン屋があるので、右手に見ながら、真っ直ぐ進みます。


黄色い中央分離帯のある二車線の道路にぶつかります。

この道を道路の右側から進み、3番目の街路時を曲がってください。
安宿街であることを示す看板が路地の右側に並んでいます。

(この安宿街のはじめにあるCHOL HENG GUEST HOUSEは、10ドルの価格で設備的にもgoodです。若干のマイナス点もある安宿ですが、詳しくは↓を参照してください。)
www.ossanns-oblige.com


この街路を進んだ先、右手側にWhite Coffeeは立地しています。
店舗は、一見カフェに見える外装をしていますが、奥に食堂があります。

朝は忙しいらしいですが昼〜夕方にかけては空いており、内装や雰囲気もおしゃれな落ち着ける雰囲気のお店です。


さいごに

カンボジア旅行最大の敵は、現地の衛生環境です。
これを乗り切るためには、安全な食の確保が欠かせません。
(コンビニ弁当が乏しいので、ぜひセブンイレブンやファミリーマートに進出していただきたいところ。)

健康被害を防ぐためには、中〜高級店を使うのがセオリーです。

低級店の利用は避けたほうがよく、今回紹介したレストランは、低予算の場合の妥協案であることにご注意ください。

ちなみに私は、低級店にこだわった結果、2度旅行者下痢症を患い、疲弊した経歴の持ち主です。
(詳しくはこちら→【知っておきたいカンボジア旅行の落とし穴】カンボジア旅行者への注意喚起と対策3つ【地獄の旅行者下痢症から2日でリカバリー】 - Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

安い食品たちは、目先の節約削減を実現してくれた一方、翌日から12日間にかけて、時間、食費(治療のため多め)、ホテル代を私から奪っていきました。
どう少なく見積もっても、安い食品の20倍は支払わされています。

これはインドでの南京虫との接触から培った悟りと同種であり、インドでの悟り(教訓)を生かせば回避できていたことでした。

そのような中、ローカル店に該当するこのWhite Coffee(Cafe Brother)は、質・価格ともに客目線でありながら、非常にハイパフォーマンス(アンコールワット・クオリティー)を発揮してくれます。

現地を訪れた際、十分推薦に値すると評価したため、ご紹介させていただいた次第です。

今回の投稿が皆様の安全なプノンペン旅に少しでも役立つのなら、投稿主としてこれほど幸いなことはありません。
ご一読くださり、ありがとうございました。