Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【日本の半額で焼肉?】ホーチミン3区の日系焼肉店「ぶたさま」に行った

f:id:Illuminated29:20190501194947j:plain

ベトナムの日系店もベトナム価格なの?

「ベトナム」と聞くと、まだまだ物価の安い国というイメージを持つ人が多いと思います。
実際、日本との経済格差は大きく、2017年のベトナムのGDPは日本の1/20に満たない規模でした。(ベトナム : 2237.8億ドル、日本 : 4.872兆ドル)

実際の物価は、日本の1/2から1/3ほどです。
(↓こちらの記事でも紹介しましたが、ホーチミンは日系コンビニ店の弁当が150円で食べられる都市です。)
www.ossanns-oblige.com


では、次のような疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?


「ベトナムの日系店を利用すれば、日本食も安く食べられるの?」


こうした疑問に対し、今回は「焼肉」という観点から答えてみたいと思います。


ホーチミン3区の「ぶたさま」に行ってみた

ホーチミン1区と3区の隣接するエリアにかけて、日系焼肉店の数は約15件。

今回は、ホーチミン3区にある「ぶたさま」に足を運んでみました。

選択の理由は、名前がユニークだったからです。



大勢のバイクが道路を行き交う、ベトナムにありきたりな風景。
ホーチミン3区の道路に面するこのお店は、サイゴン駅から650mの距離にあります。

真っ黒な外装な上、店の前にはバイクが並べてあるので、パッと見で焼肉店ととは認識しづらいかもしれません。
私も、初見ではバイク屋のガレージと勘違いして、素通りしてしまいました。

店の入り口に足を進めると、奥から日本人のスタッフの方が現れて、対応してもらえます。



お店の様子

お店の内部は奥に広く、2階構造。

口コミでは、2階席が煙の関係でやや不評気味の様子。
自分は2階には足を踏み入れていませんが、おそらく空気の循環が悪いのでしょう。
自分が案内された1階席は入り口に面しており、外気の循環も良かったため、問題に感じることはありませんでした。

スタッフは、若い現地人の方が多く、人員の多さから賑わっている様子が伝わってきます
日本人のスタッフは、数名いらっしゃる様子。
自分が訪れた際は、気さくでイケメンなTさんというマネージャーの方に対応していただけました。



ぶたさまのメニューは安い?

2018年1月にオープンしたばかりの「ぶたさま」ホーチミン店。
日本では、東京の代々木と江古田で2店舗が営業しているとのこと。

公式ウェブサイトも運営されており、サイト内に掲示されているメニューで価格を参照することは難しくありません。

そこで実際に、日本の支店に比べて、何倍の倍率で安く食べられるのか検証してみました。

ぶたさま・ホーチミン店のメニュー

ホーチミン価格(円) 日本価格(円) 倍率(倍 : 下3桁切り捨て)
ホルモン各種 49,000ドン(234円) 280(円) 0.84(倍)
コリコリなんこつ 79,000ドン(378円) 580(円) 0.65(倍)
ハツ塩 89,000ドン(426円) 580(円) 0.73(倍)
柔らかカシラ 69,000ドン(330円) 680(円) 0.49(倍)
ハラミ 79,000ドン(378円) 680(円) 0.56(倍)
ぶたさま3点盛り 209,000ドン(1,000円) 1,780(円) 0.56(倍)
冷やしナムル 41,000ドン(196円) 400(円) 0.49(倍)
酢もつ 34,000ドン(163円) 500(円) 0.33(倍)
ライス(大) 22.000ドン(105円) 400(円) 0.26(倍)
やみつき塩サラダ 59,000ドン(282円) 680(円) 0.41(倍)
特性ポテトサラダ 49,000ドン(234円) 580(円) 0.40(倍)
わかめスープ 59,000ドン(282円) 480(円) 0.59(倍)
玉子スープ 65,000ドン(311円) 480(円) 0.65(倍)
地獄の激辛スープ 81,000ドン(387円) 980(円) 0.39(倍)
ぶたさま特製冷麺 115,000ドン(550円) 980(円) 0.56(倍)
バニラアイス 38,000ドン(182円) 250(円) 0.73(倍)
ハイボール 75,000ドン(359円) 390(円) 0.92(倍)
カシスオレンジ 70,000ドン(335円) 580(円) 0.58(倍)
ウーロンハイ 68,000ドン(325円) 490(円) 0.66(倍)
黒霧島(ボトル) 855,000ドン(4,090円) 2,090(円) 1.41(倍)
黒霧島(グラス) 77,000ドン(368円) 560(円) 0.66(倍)

同じメニューに関する限り、ぶたさまホーチミン店では、ほぼ全てのメニューが日本価格よりも安く注文できることが分かりました。

例外は、いも焼酎の黒霧島(ボトル)のみです。(ホーチミンで呑むと1.41倍高い)

安さの背景にあるのは、現地での調達難易度が関係しているのでしょう。

これは、ベトナムに豊富な野菜(サラダ)や米(ライス)の顕著な安さ(日本価格に対して26%~41%ほど)からも伺うことができます。

肉は、およそ20~50%OFFの価格で、たいへんリーズナブルです。

ライス大も、日本の1/4(105円)で注文できるので、お腹いっぱい食べることができます。


実際に出てきた肉

価格が安くとも「安かろう悪かろう」では意味がありません。

そこで、実際に出てきたお肉をアップすることで、品質検証に換えたいと思います。

結論から言うと、日本で口にする焼肉とほぼ変わらない味わいでした。

肉質の悪さ、固さなどは感じません。

Googleの口コミを読んでも、概ね私と似たような評価のようです。

ホルモン。49,000ドン(234円)

豚ロース。69,000ドン(330円)

七輪に乗せて焼きます。

ホルモン盛り3種(149,000ドン : 714円)+ライス中(18,000ドン : 86円)


タレの調子も日本クオリティ。肉の動物性に複雑性が加わって、最高においしい。

久しぶりの肉にがっつく僕に、Tさんは遠慮して、会話の速度を緩めてくれていましたw


日本クオリティの焼肉を食べて大満足。

色々と情報をくれたTさんにもお礼をして、お会計へ進みます。

ホルモン(49,000ドン)+豚ロース(69,000ドン)+ホルモン3点盛り(149,000ドン)+ライス中(18,000ドン) = 285,000ドン

28万5000ドンは日本円で1,365円です。

これだけ食べて1,365円・・日本ならあり得ない価格ですね。



ぶたさまを利用しての感想

先進国民らしからぬ貧乏旅行なんてやってると、現地民から冷ややかな目で見られるもの。

しかし、ぶたさまを出た後は違います。

現地の中流以上のレストランにお金を落とし、先進国民としての義務を果たしたとなると、現地民の見る目も変わります。

大きく膨れたお腹をやや見せびらかすように、ゆっくりと帰路につく途上、栄養面が改善されたせいか、いつもよりスムーズで大きな足の運び。

宿に着きひと段落すると、グルメ的な満足感に促され、徐々にまぶたが重くなってきました。

その日の眠りは深く、翌日の目覚めもスッキリ。

活力的なエネルギーは、日を跨いでも翌日に持ち越されていました。

これらは全て、ぶたさまあっての満足感です。(豚肉様への敬意。そういうコンセプトらしい。)


日本人の店員も気さく

普段は駐在員や現地人で賑わっているこのお店。

夕刻前に私が訪れた際は、偶然人入りも少なく、日本人マネージャーの方とお話しする機会に恵まれました。

気さくなお兄さんで、少し会話して打ち解けると、ホーチミンの現地情報なども教えてくれます。
入国直後の旅慣れしていない状態だと、きっと役に立つアドバイスを貰えるでしょう。(正直、スタッフの給料はどれくらい払ってるんですか?とか野暮ったい話も聞いておけばよかったw)

ホーチミンネタから人生相談まで、幅広い話題に対応していただけたことも、焼肉の席を楽しめた大きな要因でした。

安くておいしい肉だけでなく、情報収拾にも役立ってくれるお店です。(普段は客入りが多く、忙しいようですが。)

ホーチミンを訪れた際は、ぜひ利用してみてください。

ぶたさま
所在地 : 19D Kỳ Đồng, Phường 9, Quận 3, Hồ Chí Minh, ベトナム(サイゴン駅から徒歩650m)
電話 : +84 28 3931 1696
営業時間 11時00分~23時00分