オッサンズ・オブリージュ

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

タイで出国用の空港を間違えても問題ない?大事なのは諦めないこと。【冷静に対処して】

搭乗する空港を間違えた

タイからの帰国時、チケット記載の空港とは異なる空港に入ってしまいました。
気づいたのは、出発3時間前。
3時間後には、飛行機が離陸します。
それまでに正しい空港で手続きを済ませないと、予約した飛行機に搭乗できません。
しかし「空港を間違えた」ショックに支配されていた私は、完全に思考停止状態に突入。
そのまま諦めて、「搭乗できなかった後にすべきこと」を考え始めました。
しかし、このとき「解決策の思案」をスキップせず、問題に向き合っていれば、時間内にもう一つの空港に移動することは可能だったのです。

そんな私の失敗をシェアしたいと思います。
この記事を読むことで、同じ問題で頭を悩ませる人はいなくなるでしょう。
またタイの空港を利用する上で、個人的に大事だと感じた心構えを記しておきます。
これからタイ旅行を考えている方、タイ空港に慣れていない初心者の方に届くと幸いです。

搭乗する空港を間違えても諦めないで

一般にタイの空港は、スワンナプーム空港は国際空港、ドンムアン空港はドメスティックな用途に用いられるようです。
これは首都でありながら、ひとつしか空港がない他東南アジアの都市とは事情が異なりました。
ところが、タイを東南アジアの含みで考えていた私は、タイとそれら他都市を混同。

フライトを取った時、「帰国用の空港は入国時と同じ」という先入観を刷り込み、確認もしないまま出国当日を迎えたのでした。
そのまま出国期限が迫って帰国用の空港に入ります。
出国3時間前になったので身なりを整え、出国審査のゲート確認のために連絡ボードに向かいました。

しかし、何度調べても私のフライトはボードに一切載っていません。
自分の目を疑いましたが、どうやら事実らしいのです。
そこで、フライト変更でもあったのかと、手持ちの予約確認書を確認することにしました。
そしてよく見てみると、出国の空港が、スワンナプーム空港ではなくドンムアン空港に指定されているのです。
空港の間違いに気づいたのは、朝の6時。
航空機の出航3時間前でした。

出航3時間前といえば、ちょうど出国ゲートが開く頃です。
少なくとも出国2時間以内に出国手続きを済ませなければ搭乗許可は下りないでしょう。
しかし、ドンムアンという空港を意識したのは、この時が初めてです。
ドムドアン空港の場所も距離も分かりません。
そこで、GoogleMapで調べると32kmも離れていることが判明します。
2時間で32km。
おまけにドンムアン空港はバンコク・スカイトレインから外れた場所にあるので、タクシーでも使わなければダイレクトな移動は不可能でしょう。

こうした簡単な推測を行ううちに、私の思考は完全に「諦めモード」に入っていました。
完全に解決策は放棄していたので、すでに「搭乗できなかった場合の次の行動」に思考を切り替えつつあったのです。

実は、出国用の空港を間違えても、ある方法が残されていました。
しかし、「諦めモード」の私は、解決策を考えることもネットで検索することもせずに、出航の時間を迎えてしまったのです。


両空港を結ぶシャトルバスが出ている

スワンナプームには、空港と各都市を結ぶシャトルバスが定期的に運行しています。
2階から出口を抜けると、出てすぐのタクシー乗り場と、向かい側のセブンイレブンの間に集まっているバスの姿を目にすることができます。
そのほとんどは、空港と都市を結ぶシャトルバスなのですが、その中にはスワンナプーム空港とドンムアン空港を結ぶ定期バスも含まれているのです。
この定期バスは、朝の5時から運行を開始し、空港と空港をおよそ1時間で移動してくるそうです。
つまり、出国3時間前に空港の間違いに気づいた私が使っていれば、飛行機の出発2時間前に間に合っていた計算になります。

結局、飛行機を取り直し、その後3日間の滞在期間含め、お財布に6万円近い余計な支出を喫することになりました。

まとめ

もちろん、こうした情報を、自然に知るようになるには、渡航回数を重ね空港に慣れる必要があるのでしょう。
だから、私の間違いも「タイの空港について知ることができた」点において意味があったのかもしれません。

しかし、あえて大きな間違いを犯さなくとも、インターネットと先人のおかげで、こうした解決策は容易に入手することができるのです。

実際、ネットの検索窓に「スワンナプーム空港 ドンムアン空港」と打つと、自動補正で「スワンナプーム空港 ドンムアン空港 移動」というパターンが浮かんできます。

空港で間違いに気づいた時、すぐ諦めることをしなければ、搭乗員に相談したり、ネットで検索をかけていたでしょう
そうすれば、間違いなくリーチできてきた解決策なのです。

近年築かれたばかりのバンコクは、都市の最新アップデートバージョンのようなものです。
それまでに築かれた都市の問題点を克服し、洗礼された制度設計がなされています。
空港においても、利用者が起こしがちな問題はたいていカバーしてくれるのです。

ですから、何か問題が起きた時は諦めずに相談するか、調べるかしましょう。
そうすれば、優秀なタイの空港があらかじめ用意してくれている解決策に、リーチできる可能性は高いです。