Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

【インドと中国の代理戦争】中世のインドシナ半島に台頭したタイ族3王朝

タイ族のインドシナ拡大過程

雲南を出発したタイ族は、メコン川の水系に沿って広域に広がりました。
これは農耕民族として、豊かな河川を居住条件として求めたためです。

www.ossanns-oblige.com

雲南で培った農耕技術を武器に現地への浸透に成功し、同時に先住民族との同化が進んでいきます。

雲南(タイ族の故郷)と東南アジアの位置関係

初期の頃は、ムアンという小都市が乱立していましたが、時代を経るにつれ、統一を目指す集団が現れます。


タイ族の初期の自立の動きを物語るグンヤーン王国とラーンナー王国

タイ地方における初期の自立の動きは、クメール帝国の地方官吏としての役割に見ることができます。

7世紀のタイ地方は、オーストロネシア系先住民モン族のドヴァーラヴァティ都市群と、そこへ侵入してきたクメール人のラヴォ王国(現ロッブリーが中心)が並立する状況でした。
こうした中、現地への移住を進めたタイ族(タイ・ユワン族)は軍事傭兵として現地に浸透していきます。

そして638年には、クメール人のラヴォ王国からチェーンセーン(タイ最北部)の統治を任される集団が現れました。
この638年は、雲南の統一(南詔の成立 : 738年)の100年前であり、雲南のタイ族は、南詔成立以前からインドシナ移住を開始していたことを示しています。

そして、その実力をクメール族のラヴォ王国から認められた時期を、638年のチェーンセーンにおけるムアン・ヒラン(Mueang Hiran)の成立に確認することができるのです。

さらに850年頃、クメール人の現地勢力を上回る力を身につけたムアン・ヒランは、チェーンセーンにグンヤーン王国を独立させます。

このグンヤーン王国が後のラーンナー王国(現チェンマイ)の前身となるのですが、しかしこの時点では、まだ小規模な都市国家に過ぎず、周囲にはクメール人のラヴォ王国の諸都市、タイ北部〜ミャンマーにかけてモン族のハリプンチャイ王国が幅を利かせていました。

しかし1050年頃、ハリプンチャイ王国で6年間流行するコレラが発生すると、病疫を恐れてラムプーンを離れていくハリプンチャイ王国のモン人が現れます。
タイ族はその隙間を埋めるように移住を強め、現地へ勢力を定着させていきます。

ラーンナー王国の独立には、13世紀のモンゴル帝国を巡る動乱が深く関わることになります。

モンゴルの勢力が中国本土を超えてタイへ及ぶ前、この地域は華南のシップソンパンナーの勢力図に入っていました。

華南を発し、ミャンマー東部、ラオス(ルアンパバーン)、ベトナム東部まで、当時絶頂期にあったシップソンパンナー王国(タイ・ルー族)領が広がっていたのです。

クメール族から独立を勝ち取ったグンヤーン王国も、1250年にシップソンパンナー王国の傘下に加わることになります。
しかし占領から3年後の1253年、モンゴル帝国の勢力が雲南地域に及び、雲南を拠点としたシップソンパンナー王国もモンゴルに屈します。

宗主を失った旧属国の間に動揺が生じます。
この権力の空白をついて、グンヤーン王国も独立を勝ち取り、さらにタイ北部地方の統一に乗り出します。
このときのグンヤーン王が、後の初代ラーンナー国王となるマンラーイ王です。

マンラーイは、周辺のムアンに同盟を呼びかけ、拒否したムアンは武力で併合する強制措置によってタイ北部の統一を断行。

1281年には、南方に移動していたモン族のハリプンチャイ王国を完全に滅ぼし、王都に編入します。

こうして1292年に成立したのが、ラーンナー王国でした。

シップソンパンナー王国にとっては滅亡の原因でしかなかったモンゴルの襲来が、グンヤーン王国にとっては独立の契機となったのです。


13世紀に成立したタイ族初の王朝・スコータイ朝

タイ族初の統一国家が発生したのは、ラーンナー王国の成立の50年以上前にさかのぼります。
1238年、タイ中部地方にスコータイ王朝が成立しました。
この王国が、東南アジア初のタイ族王朝であると考えられています。

スコータイ王国が興ったチャオプラヤ川上流は、中国とクメール王朝の貿易の要衝として、貿易経済で大いに賑わっていた地域です。

1180年まではクメール統治の元、自治を許されていましたが、この都市の豊かな経済力を支配下に置こうとクメール王が重税を課してきたことに際し、独立の気運が高まっていきます。


折しも1220年、クメール王朝のジャヤーヴァルマン7世が死去すると、タイ地方のクメール支配が弱まりました。

東南アジアのマンラダシステムでは、都市の忠誠は有能なジャヤーヴァルマン7世個人の求心力に由来します。
そのため、後継者が前王の求心力を維持できないと、都市の忠誠が離れ、離反が相次ぐことになります。
有能な王の死が、都市の独立の契機になる特徴が東南アジアの歴史にはたびたび確認できます。
今日のタイ王国でも、都市のあちこちに王の肖像画が掲示されていることは、訪れたことのある人ならすぐに気がつくと思います。
あれも、王の求心力を保つために実施されているタイの伝統なのです。

さて、クメール帝国が瓦解に向かう中、ムアン・バーンヤーン(Bang Yang)の領主バーンクラーンハーオ(Bang Klang Hao)とムアン・ラート(Rat)の領主パームアン(Pho Khun Pha Muang)が共同でクメールに対して反乱を起こします。

スコータイに軍隊を差し向け、自ら戦象に跨って戦ったバーンクラーンハーオとパームアンは、見事クメール軍を打ち負かし、タイ中部地方からクメール勢力が排除されます。

これが、インドシナ半島初のタイ族王朝が誕生した瞬間でした。(1238年)


スコータイ王国の全盛期は、第3代目の王、ラムカーヘン王(Ramkhamhaeng)の時代。

タイ北部にラーンナー王国が成立(1292年)した頃、ビルマではモンゴルの浸透が始まっていました。
これに対抗するため、スコータイ王ラムカーヘンは、領土拡大事業に乗り出します。

彼の尽力の結果、スコータイ朝の支配領域は今日のラオス、カンボジア地域にまで広がりこの時にルアンパバーンやビエンチャンもスコータイ王朝の支配下に下っています。

北方の防備を固めるため、ラーンナー王国とも同盟を締結しました。

しかし、傘下に加えた都市の忠誠は、ラムカーヘン王個人の求心力に由来する脆弱なものでした。
有能なラムカーヘン王が逝去すると、b>忠誠の拠り所を失い、スコータイ朝から離反する都市が続出。
これは、先述のマンダラモデルに基づいて説明される現象です。

ラムカーヘンの死から約50年後の1351年には、アユタヤ王朝が勃興し、忠誠の対象をこの王朝に移す旧スコータイ領の都市が増えていきます

ちょうどこの頃、ルアンパバーンのタイ族も独立を掲げ(1354年 : ラーンサーン王国成立)、独自のラオ族の形成に始点を打っています。

王の後継者争いが都市の離反に追い討ちをかけ、内情が混迷していく中、スコータイは新興のアユタヤ王朝の攻撃を受けます。
1349年の戦いに敗れたスコータイ朝は、1350年までにアユタヤ朝の属国となりました。

以降のスコータイ朝は、アユタヤ朝の属国として再出発し、長い時間をかけてアユタヤ朝に同化していくことになります。

1438年には、スコータイ王家の跡継ぎが途絶えたことを契機にアユタヤ王子がスコータイ領主に任命されたことを以って、スコータイ王家は廃位。
スコータイは、アユタヤ朝の地方都市へ降格します。

とはいえ、支配層はアユタヤ化しても、都市や文化にスコータイ様式は温存されていました。

文化規模にまで及ぶ併合が実施されたのは16世紀のことです。

15世紀中ごろ、1451年に起きたランナー王ティローカラートへの反乱をアユタヤ朝が支援したことから、アユタヤ朝とランナー王国の間に緊張が生じました。

この緊張は、1462年に実際の戦争に発展し、アユタヤ朝は戦闘のために、配下のスコータイに出兵を命令。

しかし、これを独立の機会を捉えたスコータイは、逆に敵のラーンナー王国と結び、アユタヤ王朝に反旗を翻します。

この試みは、ピッサロヌークに防衛拠点を築いたアユタヤ王によって阻止されますが、この反抗が16世紀の完全併合への布石となりました。

16世紀のアユタヤ朝は、ポルトガルから銃を受けたビルマ(タウングー朝)との戦いに直面し、一時は首都を陥落させられるほどの死闘を演じることになります。
スコータイの完全併合は、この戦闘の最中、実施されることになります。

16世紀にアユタヤ朝とタウングー朝の戦争が開始されると、配下の都市へ徴兵命令が下されます。
その中で、いっそう負担を強いられたのが、旧スコータイ領のスコータイ、ピチャイ、ピチャットなどの領民でした。
この都市の住民が、率先して戦争に投入されることになります。

過酷な徴兵によって、急激な人口減少に見舞われた旧スコータイ領の都市は、衰退を余儀なくされます。

対ビルマ戦の後でその復興事業が行われますが、これが終わった時、都市からスコータイ朝の様式は消えていました。

アユタヤ様式の都市として再建されたためです。

この時点を以ってスコータイ領のアユタヤ統合は完成し、18世紀にラーマ1世の手で再開発されるまで、基本的には放棄されることになります。


インドシナ半島中部を統一したアユタヤ朝

アユタヤ王朝の創始者ラーマティボティーは、タイ王国の主張する王統史では、クーンボロムの子孫とされています。

しかし、歴史家の間ではペッチャブリーの中国人商人コミュニティのリーダーであり、結婚と同盟によってスパンブリーとロッブリーの権力を得た人物という見方が有力です。

タイ地方の支配権は、スコータイ王朝からアユタヤ王朝に推移していきますが、もちろん武力衝突もあったものの、むしろマンダラシステムに基づく都市の忠誠の移動であったと考えられます。

スコータイ王朝が「人民への優しさ」という穏健的な方法で都市の支持を訴えたのに対し、中央集権寄りの統治スタイルによって都市の支持を獲得していきます。


1349年には、強勢を誇ったスコータイ朝を打ち負かし、信頼失墜を被ったスコータイ朝に交替する形で、都市の支持を獲得していきます。

さらなる求心力を示すべく、対外領土の拡大も進め、1393年にはインドシナ最大の勢力であるクメール朝の都アンコールを占領
クメール朝の栄華に終止符を打ちます。

1431年には、都アンコールからクメール人を追放し、プノンペンに追い込みます。(クメール王朝 → カンボジア王国)

こうしてインドシナ半島最大の勢力に浮上したアユタヤ朝でしたが、16世紀に入るとビルマ分裂期を治めたタウングー朝の拡張主義と衝突します。

1547年の最初の侵攻は撃退するも、1558年には北方のランナー王国が服属。
1563年の戦いでは、アユタヤ王族がビルマのバゴーに連行され、傀儡のマヒンタラシット王子がアユタヤ王に即位される事態に陥ります。
アユタヤ朝は1568年にビルマへの反乱を企てるも、これが第3次シャム・ビルマ戦争の引き金を引き、1569年にはアユタヤが陥落

この時、ビルマ・タウングー朝軍を率いたバイナウン王は、今日のミャンマーでも英雄視される名君で、ビルマの最大領域を実現した名君として知られています。

ところが1581年に、このビルマの猛将が死去すると、状況が変わりました。
東南アジアにおいて、王の死は往々にして都市の独立を導きます。
都市の忠誠は王個人の魅力に基づくところが大きいため、前王以上の影響力を保てないと都市が離反して。

独立を目論むアユタヤ王朝に、バイナウンの死という好機が訪れます。
さらに、この時代のアユタヤ朝に今日のタイの3大王の1人に数えられるナレースワンが登場します。

彼は非常な武勇を誇った英雄で、高い求心力を誇りました。
今日のムエタイも、ナレースワン王の時代に基礎が作られ、子弟を国を守る強者に育てるべく普及していった戦闘武術です。

このナレースワン王が1584年にアユタヤ朝の独立を宣言すると、これを認めないビルマの侵攻が、1584年から9年間に渡って重ねられます。
1593年にはナレースワン王がビルマのミンジー・スワを戦象の一騎打ちで破り、ビルマの攻勢に歯止めをかけたナレースワン王は、その勢いのままビルマ領への打って出ます。

ナレースワン王の軍隊は、1595年にはビルマ東南部のタニンダーリを獲得し、モッタマ近郊にまで領土を広げると、1600年にはビルマ本土のタウングーに迫ります。
結局、この侵攻は撤退に終わったものの、北部ではランナーを陥落させました。

さらにナレースワン王は東方のカンボジアへも軍を進め、1594年には貿易で賑わっていたカンボジア王国の首都ロンヴェクを占領下に収めます。
このカンボジアの占領は、カンボジアの東に隣接するベトナムとの係争関係を引き起こすことになり、南のプノンペンに追い込まれたカンボジアは、以降シャムとベトナムの緩衝地帯として交互に臣従を誓う、暗黒時代の道を歩むことになります。

ちなみに、ナレースワンの1590年の戦いには、日本人傭兵500名が参加していたことが記録に残っています。
タイ史に英雄的活躍を残したナレースワン王ですが、舞台裏で戦国時代を終えたばかりの日本人が、傭兵として貢献を果たしていたことは、日泰のつながりの深さを示しているのではないでしょうか。

この泰緬戦争は、ナレースワンが死去する1605年まで戦われました。
タイの3大王に数えられるナレースワンの死後は、やはりシャムも後退の色が濃くなります。
1614年には、手に入れたばかりのタニンダーリとランナー(いずれもビルマがシャムを攻撃する際の拠点)を奪還され、失地に対する奪還の試み(1662年~1664年)も失敗に終わります。


アユタヤ朝に大きく貢献した外国勢力

西洋と東洋の境目に位置し、外洋からチャオプラヤ川を登ったふもとに位置するアユタヤは、世界的な交流の要衝となりました。
こうした地の利を生かして、アユタヤ朝は外国勢力を積極的に推進します。
アユタヤ朝初期の頃から中国商人との交流が始まり、15世紀に鄭和が訪れた際には、既に大勢の中国人がタイに居住していたことが記録されています。
犀角、カワセミの羽毛、象牙などが、中国商人に求められました。
こうした中国人の活動を規制することもなかったため、中国人の勢力は、16世紀までにはアユタヤ王朝の貿易から民間部門、軍事部門に至る要職を掌握するほどアユタヤ朝への影響力を持っていたようです。

一方ヨーロッパへは、1430年の時点で、イタリア人旅行家を介してその存在が報告されており、日本とは14世紀の室町時代から始まり、1388年にはシャム船が日本へ滞在。
日本人のタイ移住も、この頃には始まっていたようです。


さらに16世紀、西洋で大航海時代が始まると、優れた文明の利器がもたらされ、東からは戦国時代を終えたばかりの優秀な日本の戦闘部隊が海を渡ってきます。

こうした外国勢力の援助なくして、打ち続く泰緬戦争を戦い抜くことはできなかったでしょう。

1550年にはポルトガルの最初の布教が行われると、1554年には3つの教区が作られ1500人のシャム人がキリスト教徒に改宗しています。
当時、アユタヤ朝の宿敵であるビルマは、ポルトガル人を介して鉄砲を入手しており、シャム側もこれを得るために一定の優遇を与えたと考えられます。
1553年には300人のポルトガル兵が王に奉仕しています。

ところが、戦闘が始まると、アユタヤ配下のポルトガル傭兵は、ビルマ側のポルトガル兵との同士討ちを嫌い、戦闘を拒否する者が続出しました。

そこで重視されたのが日本人傭兵です。

同時代の日本は、既に戦国時代を終え、役目を終えた兵士が失業者としてくすぶっていました。
また、豊臣、徳川によって迫害を受けた大勢の迫害キリシタンも控えていました。
こうした層がヨーロッパ商人を介して海を渡り、インドシナの覇権争い(アユタヤ v.s. ビルマ)に役目を果たしていったのです。

こうした戦闘経験豊富な浪人は、騒乱の時代にあった16世紀のアユタヤ王に歓迎されました。
ビルマ支配からの独立を達成した英雄ナレースワン王の栄光の舞台裏で、日本人傭兵が活躍していたことは既に述べた通りです。

また、日本町の日本人は貿易商人としての顔も持っており、タイのエイ革、漢方に用いられるスオウの木などが買い取られ、日本から持ち込まれた銀、日本刀、漆塗りの小箱、高級和紙などと交換されていたようです。

日本本土では、タイの中国絹、毛皮、日本刀の柄に使うエイや鮫の皮に需要が起きていたようです。

国家同士の貿易も活発で、1620年までに、日泰貿易の貿易額は、日本以外の国との合計額を上回るほど活発だったようです。

日本人町は、ナコーンシータンマラートとパタニにでき、Ban Yipunと呼ばれる日本人居留地で、推定1,500~7,000人の日本人が暮らしていたとされます。

しかし日本人に友好的だった王朝が、1629年にプラーサートトーンの起こした政変により簒奪され、1630年に日本人町の頭領・山田長政が暗殺されると、報復を恐れた王から送り込まれた4000人の兵士によって、日本町は焼き払われてしまいます。

タイでの騒動を知った日本の徳川家は、これを幕府の威信を傷つけるものと捉え、1634年に第一次鎖国令を発布。
1635年には朱印船貿易を廃止し、シャムとの貿易も打ち切りました。

日本人勢力なき後のシャムの外国貿易は、主にオランダ勢力が担うことになりました。

さらに16世紀末にポルトガル、スペインの旧教勢力が衰退すると、これに代わり新教国のイギリス・オランダ、そしてフランスが台頭します。
1603年にオランダ東インド会社、1612年にイギリス東インド会社が、それぞれシャムに来航し、貿易協定をはじめとする外交関係を結びます。

しかし、イギリス・オランダは武力外交や海賊行為の傾向を見せ始めたため、ナーラーイ王(在位1656年-1688年)の反感を買うことになります。

反面、フランスは宣教を重視し、現地のインフラ整備(協会、神学校、病院)もセットで実施したため、ナーラーイ王から最も重要なパートナーとして認知されていきます。

1662年には、フランスの使徒代理区が設置され、シャムにアジアにおけるカトリック布教の拠点が築かれます。
日本、中国をはじめ、アジア諸国の大半はキリスト教を危険視したのに対し、シャムだけは新教の自由を認めていたことが設置の理由です。

ナーラーイの支持を得たフランスは、政府高官コーサーパーンを外交使節としてフランスに送り、1684年にフランス王ルイ14世との間に国交を開くことに成功。
条約にて、シャムにおける布教の自由、キリスト教徒に対する日曜日の労働免除、異教徒との調停機関の設置などを認めさせます。
また、プーケットにおけるスズ貿易の独占権と南部ソンクラーの領土がフランスに与えられました。

ところが、味をしめたフランスは、徐々に支配欲を表向きにし始めます。
1686年には、再び条約締結のためにコーサパーンと2名の従者がフランスに派遣され、翌年1687年にはルイ14世から返礼が送られます。
しかし、この戦艦を率いた使節には、1361名の兵士が同乗しており、ナーラーイ王へ王の改宗とバンコク、ミェイクへの駐屯軍の設置を求めるなど、事実上のシャム入植を試みます。

これが弾圧の契機となり、翌1688年には、クーデターにより外国勢力に寛容なナーラーイ王が処刑され、フランス勢力の弾圧が実施されました。
実行部隊は、保守層である仏教勢力および華僑勢力でしたが、武器提供の担い手はオランダでした。

以降のシャムは鎖国体制に転じ、白人国家に対し国を閉ざしていくことになります。
代わって中国商人の勢力が高まり、19世紀後半に欧州勢力に取って代わられるまで、貿易や王朝の中枢を支配していくことになります。
クーデターでの功績があったオランダだけは、唯一貿易を許可されましたが、18世紀にビルマがシャムの支配権を握った際に追放されています。


アユタヤ朝の最後

ビルマの歴史は反乱に彩られています。
王朝への反乱が長期的・継続的な性格を持ち始めたことは、隣国シャムの支援と無縁ではありません。

この時期、アユタヤ朝は、ビルマの戦力をそぐために、北部国境のラーンナー、西南部国境のモン族地域の反乱勢力を支援していました。
これに痺れを切らした振興のコンバウン朝が、1759年からシャム侵攻を開始。

初期の戦闘は撃退するも、1765年に戦争が再開されると苦戦を強いられます。
国内の反乱を収拾したばかりの戦闘経験に長けたビルマ兵に対峙するアユタヤ朝の兵士は、脆弱な外国人傭兵部隊で構成されていたのです。
そして、2年後の1767年4月にはアユタヤが陥落。
この戦いには、17世紀にアユタヤ朝を追放されたフランスの砲兵隊が、ビルマの主力部隊として参加し、アユタヤ陥落に貢献を果たしています。

ビルマのアユタヤ劫掠によって、破壊と略奪の限りを尽くされたアユタヤは廃墟と化しました。
都市は再起不能なほどに荒廃し、この時に刻まれた歴史は現在のタイ王国とミャンマーの国民感情に暗い影を残し続けています

f:id:Illuminated29:20190414233241j:plain

しかし、ビルマのアユタヤ支配は7ヶ月ほどの短命なものでした。
その直後に王国崩壊後の混乱期をまとめた中国系タイ人のタクシンがビルマを追放しトンブリー朝を興してタイの地を支配していくことになります。
この王朝の下で、タイ王国はタイの最大領土を実現します。

www.ossanns-oblige.com