オッサンズ・オブリージュ

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

中古品を高く売りたいなら、ネット買取業者に依頼するな!【アフィ厨にも注意】

■ はじめに

 「家にある不用品を処分したい」と思う時、誰もが「できるだけ高値で売りたい」と考えるものです

ここでまんまとネット業者の「高価買取」宣伝を信じると、足元をすくわれかねません。

 

今回は、ネット買取業者で実際に失敗した私が、次のような質問に答えていきます。

?「ベストな買取業者は?」

?「買取価格を最大化する方法は?」

 

※本記事の内容にはネット買取業者への批判が含まれていますが、雇用や商品流通の面での社会貢献は評価しております。

決して、業者潰しを意図しているわけではありません。

あくまで、「商品を最高値で売りたい」人たちに向けた情報周知が目的です。

 

■ もくじ

1、高額買取の秘訣は、ネット買取業者に依頼しないこと

  1-1.  ネット買取業者に高評価を与えるレビュー記事が多い理由

  1-2. 「買取王子」と「ブックステーション」で買い叩かれた経験

  1-3.  どんな業者にも「コスト意識」がつきまとう。買取業者は転売者の顔を持つため。

 

2、ベストな処分方法は、オークションに出品すること

  2-1. 非企業の買取主がいるオークションがベスト

  2-2. オークションの落札相場から価格を検証

  2-3. 落札相場の判定に役立つのがオークファン

 

3、さいごに

 

■1. 高額買取の秘訣は、ネット買取業者に依頼しないこと

ネット買取業者に依頼するときは、「買い叩き」を覚悟するべきです。

ぜなら、買取業者にとっての「買取業」は、その後の「転売業」に向けたビジネスのプロセスに過ぎないからです。

そうである以上、「コスト最小化」の原則に基づき、商品を「安く買い叩く」選択肢を取らるを得ないのです。

 

□1-1 ネット買取業者に高評価を与えるレビュー記事が多い理由

信頼に足る業者の選定にあたって、ネット上の情報は参考になりません

ネット上の情報は、アフィリエイトと呼ばれる成果報酬の力によって、業者に都合の良い方向に操作することが可能です。

テレビ業界における「広告」のように、インターネットの世界は「アフィリエイト」の運動法則に従って動いているといっても過言ではありません。

報酬がなければ、誰も紹介記事を書こうと思わないからです。

アフィリエイターと業者は、成果報酬で結びついており、業者は報酬を支払う見返りに、自社に都合のいい情報を拡散させることができます。

 

特にネット買取業界では、その傾向が露骨です。

 

ぜなら、ネット買取業は、インターネット普及後の新しいビジネスだからです。

業界の序列も定まっていない中、競合との差別化の必要に迫られた各業者は、次の2択を選択します。

1. 「業者のファンダメンタル価値を高める(利用者とのwin-winを強化)」

2. 「強制的に利用者を集める」

 

利用者とのwin-winを目指す、1のタイプの業者は、残念ながら一握りです。

現実は、実態と乖離した宣伝文句(「高価買取」など)やアフィリエイターを駆使することで強引な集客を試みる、2のタイプの業者が後を絶ちません。 

 

実際に、アフィリエイトの仲介サイトで調査してみましょう。

アフィリエイトの仲介サイトA8.net( https://pub.a8.net/a8v2/asSearchAction.do)で「宅配買取」と検索した結果、96件がヒットしました。

 

f:id:Illuminated29:20181119092514p:plain

そのうち、「書籍」を扱う業者は、以下の9件が見つかりました。

 

(業者名)                :(アフィリエイト報酬)

株式会社BYRON(エコブックス)     : 新規買取1,000円

株式会社eあきんど            : 買取740円

合同会社DMM.com           : 新規買取600円

株式会社トレンドワークス(book-station):   宅配買取成立667円

プラスコネクト株式会社(hobbyman)  : 新規買取1,500円

株式会社アカツキ(gd)          : 新規買取1,000円

株式会社アカツキ(BUY王)        : 新規買取1,500円

ブックオフオンライン           : 新規買取成約500円

・株式会社ファントゥ(テキストポン)    : 新規査定申込1,000円

 

 

これによると、ネット買取業者との取引の裏側では、1案件の達成につき、アフィリエイターに対して500円〜1,500円の支払いが行われているようです。

つまり、依頼者に支払われる買取価格から、アフィリエイターへの中間費用が流出しているのです。

これだと、査定価格は減額せるを得ません。(*)

(*全てのネット買取業者がアフィリエイトを使っているわけではないが、広告や企業負担の運賃などの中間費用によって、買取価格の最大化を期待しにくい点は同じ)

 

さらに、サービスの拡散にインセンティブを得たアフィリエイターが被害を拡大させます。

アフィリエイターからすれば、どんなに悪質なサービスでも、自メディアを通しての利用があれば、成果報酬を享受できます。

もちろん、「サービスの質」を念頭に動く優良アフィリエイターもいるのですが、「アフィリエイト報酬」だけに目のくらんだアフィリエイターが少なくないのです。

要するに、「アフィカス」と呼ばれる人たちが「アフィ記事」を量産しているのです。

 

ところがネット買取業者は、買取価格から雑多な中間費用が差し引かれるため、買取価格の最大化は見込めません。

  

にもかかわらず、礼賛記事が出回るということは、

ネット買取業者に関するレビューサイトの多くは、「アフィカス」目線で書かれており、信用に値しない情報がほとんどだということです。

特に、メリットばかりを羅列して、デメリットに関しては一切触れないといった傾向のあるサイトには疑いの目を持ってください。

 

 

□1-2. 「買取王子」と「ブックステーション」で買い叩かれた経験

かくいう私も、過去にネット買取業者を利用した経験があります。

具体的には、以下の2業者に依頼しました。

● 買取王子(株式会社ティーバイティー : https://www.kaitoriouji.jp/

● ブックステーション(奈良県のトレンドワークス http://nyantowan.sakura.ne.jp/)

 

結果だけ述べると、2社でともに「買い叩かれ」ました。 

詳しい説明は以下の記事に譲りますが、

両社とも、状態のいい書籍200冊以上に対して3,000円以下の価格がついたのですから、「買い叩かれた」も同然です。

f:id:Illuminated29:20181120193306j:plain

 

それでも、買取王子に関しては評価が可能です。

サービスに利用者とのwin-win志向が伺えたからです。

査定はやや低い印象を受けましたが、現金支払いの代わりに「Amazonポイントまたは買取王子ポイント」で受け取ることで、最大11%(実質6%)のポイント還元サービスが用意されています。

これは、”ポイントで渡し、独自の販売網に誘導して使わせることで、現金支払いを減らせる”という狙いが込められているのでしょう。

しかし、現金との交換がいつでも可能なポイント還元システムによってユーザーにも報いており、十分にwin-winに準拠したビジネスモデルだといえます。

アフィリエイト発注の形跡も見当たりませんでした。

広告宣伝は、芸能人のDaigoを起用するほど活発ですが、背後にはティーバイティーの資金力があるので、顧客への支払いを減らす方向には働きません。

つまり買取王子は、利用者とのwin-winによってシェア拡大を図る、優良企業の典型モデルと評価できます。

また幅広い商品の買取が可能なので、利便性を一番に重視する時には、役立つ仕組みでしょう。(引っ越し時の不用品一斉処分など)

 

一方、ブックステーション(奈良県のトレンドワークス)に関しては、閉口せざるを得ません

この業者は、公式ページ内で散々「高価買取」を匂わせている業者です。

公式ページによれば、コミック完全版を以下のような高価格で取引してくれるようです。

f:id:Illuminated29:20181115112529p:plain

book-stationの公式ページより(http://nyantowan.sakura.ne.jp/

ところが、査定後の商品一点ごとの査定明細」は発行しません。

問い合わせても、断固と拒否してきます。

 

しかし、業者の性格を判定する上で「商品一点ごとの査定明細」は、欠かせない情報です。

なら、次のことを示すからです。

 

✔︎「商品がいくらで査定されたか?」

公式ページ記載の査定基準が守られているか? 

 

いくらウェブページに細かな査定基準を載せても、第三者が検証できないなら、それは守られていないのと同じなのです。

 

検証プロセスを無くしてしまえば、業者による査定の独占が成立し、水面下での「買い叩き」が助長されてしまいます。

 

これについて、買取王子は請求すれば発行してくれますが、ブックステーションは意地でも教えないとのこと。

実際にメールで催促すると、次のような返事が返ってきました。

 

f:id:Illuminated29:20181115112711p:plain

 

「いかなる理由をもちましても」と強調するほど、「商品一点ごとの査定明細」の発行は、都合が悪いようです。

しかし、「高価買取」を謳いながら、レシートに等しい査定明細を発行できないというのは、ビジネス倫理に対する違反行為ではないでしょうか?

 

ネット買取業者のレビュー投稿サイト(https://uridoki.net/shops/8)でも、book-stationの査定の不当性を指摘する次のような評判が見つかりました。

ゲームはめちゃくちゃ安く買い叩かれますさん(20代・男性)

 

PS3

PS3とゲームソフト、コントローラ一式を売ったのに 
2000円も値がつきませんでした

PS3本体を3000円〜5000円で買い取るとHPで謳っときながら 
これは不当に安いと思いメールするも 
対応も酷く返却には一切応じないの一点張り

消費者センターに訴える予定ですが 
二度とここは利用しないです

普通にフリマアプリなどで売った方が断然値がつきますので 
ゲーム類を売ろうと考えている方はそちらを絶対オススメします

いらない本を無料で処分させるくらいの価値しか無いです

(引用 :【買取】ブックステーションの口コミ・評判 - 買取価格比較はウリドキ

 

私も、ドラゴンボール完全版1~34巻(全巻)、メジャー約70冊、GTO1~25巻(全巻)・・に対する1,259円という査定に納得がいかず、返送を考えましたが、返送料も依頼者負担のため、戻すに戻せず大変悔しい思いをしました。

このような広告宣伝と乖離した査定のみならず、アフィリエイト案件発注の形跡も見つかりました。

f:id:Illuminated29:20181126104435p:plain

(宅配買取成立667円)

このことからも、奈良県のブックステーションは、「利用者とのwin-win」ではなく、買取業の回転数の最大化だけ奔走するタイプの買取業者だと分かります。

  

□1-3. 買取業者は出品業者の顔も持つ。なので常に「コスト意識」がつきまとう。

では、どうして買取業者は商品を「買い叩く」のでしょうか?

それは、買取がビジネスの一環であり、その後の転売を前堤にしているからです

 

あらゆるビジネスの至上命題は、「利益の最大化」です。

「利益の最大化」のために、「商品を安く仕入れて、高く売る」

これがビジネスの基本姿勢です。

 

転売ビジネスにおいては、「買取価格の最小化転売価格の最大化」がこれに該当します。

つまり、ビジネスというスタイルをとる以上、「商品の買い叩き」は、あらゆる買取業者の宿命として、切り離すことができません。

 

しかしながら、利益なしには、従業員への給与も、企業評価もままならないのですから、ある意味これは仕方のないことです。

 

とはいえ、買取価格の最大化を目指す「利用者の立場」として、利潤確保の使命を背負った業者相手では、満足のいく査定は期待できないことは肝に命じておくべきです。

 

一応、買取業者が転売者の顔を持つことを確認しておきます。

 以下は、先に示したアフィリエイト提携業者の所有する、Amazonストアの一覧です。

 

 

このように、買取業者は転売者の顔も持っており、ビジネスの論理で動いていることが判明しました。

 

 

■2. ベストな処分方法は、ヤフオクに出品すること 

では、「ネット買取業者の買い叩き」や「アフィカス」の餌食にならない方法はあるのでしょうか?

 

□2-1. 非商売人の買取主がいるオークションに出品するのがベスト

唯一の方法があります。

それは、ビジネス論理から外れることです。

ビジネスの論理で動くネット買取業者にとって、買取から転売までは1セットであり、利益最大化のために、仕入れコスト(買取価格)の最小化を求めています。

実態と乖離する広告宣伝を出すような悪質業者が現れるのは、このようなビジネスの論理が背景にあるのでした。

 

そこで知っておきたいのが、「ビジネスの論理で動かない買取主が集まる」身近なサイトの存在です

それは「オークション」です。

ほとんどの人にとっては、「ヤフーオークション」が最も身近でしょう。

こうしたオークションに集まる落札者は、ほとんどが末端ユーザーです。

末端ユーザーは、純粋に商品を楽しみたい動機を持つ層なので、転売目的のユーザーのような買い叩き圧力がありません

反対に、業者が行いがちな「密室での査定」という査定権の独占を排除してくれます。

競売によって価格が決まる仕組みなので、自由競争の論理が働き、「価格上昇」の方向に働いてくれるのです。

また利便性にも優れており、売りたい商品のジャンルが雑多でも、「処分品」名目でのまとめ売りも可能です。

その他にも、「落札価格の下限値設定」、「落札者が出なかった場合の自動再出品」といった便利な仕組みに溢れているのは、ネット買取業にはない、オークションの歴史と実績のなせる技でしょう。

 

デメリットは、梱包道具の用意から発送までの手続き負担が増えることです。

しかし、業者のような「密室査定」や「中間費用の差し引き」を排除できるので、価格に+2,000円〜の上乗せは期待できます。(商品や売り方によりけりですが)

余計な作業負担といっても、梱包作業に要する時間はせいぜい1時間未満ですから、時給換算「2,000円〜」と考えれば、割にあった仕事といえるでしょう。

 

□2-2. 実際に、オークションの落札相場を見てみる

実際に、奈良県のブックステーションから1,259円と査定された私の商品が、オークションなら、いくらの落札価格が期待できたのか検証してみます。

 私が奈良県のブックステーションに送った書籍は、次のようなラインナップで構成されていました。

・GTO           1~25巻(全巻)

・湘南純愛組        3~31巻(3巻欠品)

・GTO SHONAN 14DAYS   1~  9巻(1巻欠品)

・ドラゴンボール完全版   1~34巻(全巻)

・ メジャー(MAJOR)    1~74巻(4巻欠品)

・バガボンド        1~35巻(3巻欠品)

・リアル          1~14巻(7巻欠品)

・その他 実用本         17冊

計221冊

 

ほとんどの商品は、そのまま中古本屋に転売できる状態だったと思います。

そのうち30%程が、新品同然の美品でした。

それれの作品について、でオークションでの落札履歴を調べると以下のような価格が割り出せました。

 

GTO                                 1~25巻(全巻)   1,000

・湘南純愛組                       3~31巻(3巻欠品)  1,000

・GTO SHONAN 14DAYS 1~  9巻(1巻欠品)    900円

・ドラゴンボール完全版     1~34巻(全巻)   4,500

メジャー(MAJOR      1~74巻(4巻欠品)  7,000

・バガボンド                       1~35巻(3巻欠品)  2,500

・リアル                              1~14巻(7巻欠品)  1,300

・その他 実用本                       17冊           85

・欠品している本の充足費用            -2,800円

 計221                                                              15,480

 

落札事例を観察すると、同じ商品でも売り方によって価格は様々です。

今回の記事は、オークションの落札価格の高さを報告することが目的なので、あえて落札価格の低い事例から抽出しました。

オークションで売りにくい実用本は、全て5円の計算です。

さらに欠品している本の充足費用は、ブックオフで買い足せる古本は100円、比較的新しい本は200円で計算しました。

(なお送料は、落札者負担のものだけを選んだので、0で計算しています。)

 

今回は、あえて落札価格の低い事例を抽出しましたが、同じ商品でも4,500円〜7,500円の値幅があることが分かりました。

 

 つまり、ブックステーションから1,259円との査定を受けた私の商品は、オークションで小出しに売れば、最低でも15,485の価格がついていたという推測が成り立ちます。

これは差額として、実に14,226円もの開きであり、決して無視できる金額ではありません。

同時に、奈良県のブックステーションから「商品を買い叩かれた」ことが改めて判明した次第です。

 

□2-3.  商品の相場を調べるのに役立つのがオークファン

 

高価買取を狙うには、オークションがベストだということが分かりました。

しかし、オークションに出品しようにも「落札価格の目安や出品手順が分からないぞ?」という方が大半だと思います。

そんな問題を解決してくれるのが、落札相場検索システムのオークファンです。

オークション・フリマの落札相場なら【オークファン】

オークファンは、オークションの相場検索だけでなく、出品から評価までのプロセスを効率化してくれるツールです。

オークションを初めて利用する人は、商品ページの説明文や支払い方法の記述に悩まされがちですが、オークファンならそれぞれのテンプレートが用意されているので、困ることなく始めることができます。

 

さらに相場判定においては、ヤフオクだけでなく「モバオク、ラクマ、eBay、セカイモン、Amazon」といった、幅広い市場から商品の市場価値を割出すことができます。

どのサイトで販売するのがベストか?も判定する上でも役立つツールなのです。

 

それでいて、無料で利用できるので、オークションを使う予定のある人なら登録しておいて損はありません。

 

実際にオークファンで、私が奈良県のブックステーションに渡した「ドラゴンボール完全版 1~34巻」がいくらで落札可能だったのか調べてみましょう。

 

 まず、オークファンにアクセスします。

 

f:id:Illuminated29:20181127130258p:plain

 

サイト上部の検索窓に調べたいワードを入力して🔍のマークをクリックします。

ここでは「ドラゴンボール 完全版 全巻」で検索。

 

f:id:Illuminated29:20181127131833p:plain

 

検索画面の中部左に「ページ平均価格」が表示されますが、これはあまり参考になりません。

検索ワードにヒットする全ての落札事例の平均価格なので、正確ではないからです。

 

そのため、個々の落札事例を確認しましょう。

スクロールしていくと、個別の落札事例が見えてきます。

 

同じ商品でも、状態や見せ方によって、価格はよりけりです。

 

f:id:Illuminated29:20181127132412p:plain


 

最後に確認しておきたいのが、送料です。

送料負担が出品者と落札者のどちらかによって、手元に残るお金は変わるからです。

これは、個々の落札事例に飛び、「配送方法 > 送料負担」が「落札者」であれば送料0でOKです。

 

f:id:Illuminated29:20181127133452p:plain

 

この事例では、おそらくあまり状態のよくない「ドラゴンボール完全版1~34巻」が4,500円で落札されており、送料も落札者の負担になっています。

 

なんと、ドラゴンボール完全版34冊の落札価格だけで、奈良県のブックステーションに渡した221冊の買取価格(1,259円)を凌駕してしまいました。

 

この調子で、奈良県のブックステーションに渡した漫画本を全て調査した総額は15,480円

ブックステーションに渡すことで、実に14,226円の損失が生じていたことが判明したのは、先に記した通りです。

 

 ■3. さいごに

インターネットには、業者の誇大宣伝や、悪質なアフィカスの罠が潜んでいます。

高額買取を実現するには、これらを回避しなければなりません。

結果的には、オークション形式の売却スタイルがベストなのですが、価格調査から出品、評価までの作業を効率化してくれるのがオークファンです。

完全無料で利用できるオークファンを使いながら、最大の買取価格を実現してください。