Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

漠然とオナ禁に突き進むと泥沼にはまる【オナ禁の罠の回避方法】

自分にはオナ禁の長い蓄積があり、ネットで囁かれているような”スーパーサイヤ人”的な恩恵を得た事もあります。

しかし、10年近い経験の先に待っていたのは、オナ禁をしたからといって、必ずしも人生が好転するとは限らないという教訓でした。

オナ禁はあなたを救ってくれる魔法の裏技ではありません。

オナ禁で成功を掴む人は当然いるでしょうが、それは最初から正しい方向性を進めていた人です。

オナ禁は、加速度に過ぎないのです。

逆に、あらぬ方向にオナ禁を発動してしまうと、効果が出ないどころか、「こじらせ」が深まる結果に終わるでしょう。

では、オナ禁を成功裡に終わらせるには、どのような条件が必要なのでしょうか?



1 ”オナ禁効果”のメカニズムは超単純

f:id:Illuminated29:20190618153810j:plain

オナ禁が男性に活力を与えるメカニズムは単純です。

このメカニズムを理解する上で鍵となるのがテストステロンです。

テストステロンは、男性の男らしさを作り出す性ホルモンのことで、雌のx遺伝子では作り出すことができません。

この濃度が高まるほど、男性的な特質が強化されます

ところが、健康であればあるほど、男性のテストステロン値は欠乏リスクに晒されます。

なぜなら、テストステロンは精液の成分だからです。

男性は、強い快楽を伴うオナニーの誘惑によって、慢性的なテストステロンの欠乏リスクに晒されているのです。

そこで、「テストステロンの流出口を止めてやろう」というのが、オナ禁のコンセプトです。

つまり、射精を禁じることで、流出して失われるはずのテストステロンが身体に留まり、テストステロンの血中濃度が高まることによって男性的な特徴が強化されるというわけです。

テストステロンは、女性に対してフェロモンのような効果を発揮します。

そのため、オナ禁によって"モテ"が起こるという現象が発生してくるのです。

実際、オナ禁の継続期間に比例して、次のような効果が現れてくると言われています。(スーパーサイヤ人)

女性を惹きつけるいい匂いがする
腕力が強くなり、体格がたくましくなる
表現力が高まる
集中力・判断力が上がる
活発的になり外向的になる

全てテストステロンの作用です。

オナ禁によってモテ効果(モテ能力の向上)が得られることは、人間の生理に裏付けられた迷信では片付けられない事実なのです。

2. なぜオナ禁の前にマインドの管理が必要か?

f:id:Illuminated29:20190618154023j:plain

オナ禁は、確実にあなたの能力を高めてくれます。

普段なら排出されていたはずのテストステロンが体内に留まるので、普段よりもテストステロンに満ちた変化が起こるのは当然です。

男性力が高まったぶん能力も高まり、人生の加速度が増すでしょう。

しかし、その加速が成功に行き着くかはは、あなたが進んでいる方向に左右されます。

オナ禁で強いスーパーサイヤ人になれても、マインドが狂っていれば、成功を掴むことはできません。

その力を他人(女)に利用されて終わるでしょう。

さらにオナ禁時の特徴として、見境をなくさせるという副作用があります。

勢いがつきすぎて、自身を客観視しにくくなるのです。

したがって、方向性を誤ってしまうと、勢いがついた状態であらぬ方向に暴走してしまう、といったことが起こりかねません。

だからこそ、方向性の確認は、オナ禁を行う上で絶対の条件なのです。

ちゃんと「餌を狩る」方向に向いているか?

女が男に求めるのは、「餌の確保」、つまりお金です。

よく言われがちな「優しさ」、「思いやり」は結婚という搾取生活を長引かせる上で必要な要素に過ぎません。

そもそも搾取する価値のない貧しい人間が「優し」かったり「思いやり」に溢れていたところで、女にとって無価値なのです。

そのような男性に対して、女は悪辣な本性を隠すことをしませんので、こうした特徴を先に追い求めても不幸になるだけです。

最初にすべきことは、「お金を稼ぐ」プラットフォームを確保することです。

そのプラットフォームには他人がいて、そこに所属する個人間に序列が形成がされていることが条件です。

その序列を1つか2つ上に押し上げる上では、オナ禁は効果を発揮してくれます。


しかし、競争がない孤立した状態でいくらオナ禁に励んだところで、モテは一向に手に入りません。

具体的には、独りで優しさや哲学、あるいは筋トレを深めることです。

今日的な「餌を狩る」という行為は、独りで動物の肉を狩る行為を指しません。

古代ならそれで通じたでしょうが、今日の文明社会では、社会に生じる需要を満たす行為を指します。

その意味において労働はチーム作業が前提なので、「独りで黙々と」の類はエラーと捉えましょう。

オナ禁の女神は、正しく「餌を狩る」方向に進む男には富と女性を与えますが、競争を拒絶して延々と筋トレするような男からは背を向けて去っていくのです。

女も一緒です。

高身長イケメンなら、テキトーなオナ禁でも逆ナンパされる可能性が高い

女が男に求める究極の需要は「餌(金)」か「Gene(遺伝子)」かです。

お金については、先に述べた通り、結婚を前提とした時の条件です。

一方、「Gene(遺伝子)」への欲求は、生物としての本能的な条件です。

この残酷すぎる本能は、むき出しにすれば社会生活が破綻するため、普段は建前に隠されています。(「優しい人が好き」「内面が大事」「イケメンは苦手」など)

しかし女性であっても本音では遺伝子へのこだわりが強いことは、欧米圏の自立した女性によく表れています。

欧米圏の女性は自分の力で生活を満たす力があるので、働かない(経済力がない)日本の女性と違って、他人の目を過度に伺う必要がないのです。

建前で本音を隠そうとする日本女性も、ひとたび海を渡ると、男漁りに無我夢中になります。

建前で隠す必要がなくなるからです。

これは海外に出たことのある人なら誰しも理解するでしょう。


若干話が反れましたが、女性が特に重視する遺伝的条件が「身長」です。

男性に体力で劣る女性は、本能的な恐怖心を抱きながら日々を過ごしているので、ボディーガードを任せられる強い男性を求めているのです。

刑法や司法の発達していない古代において、女性は常に男性の欲望の標的にされてきました。


文明がどれだけ発達してもたかだか2,300年の歴史に過ぎず、20万年の歴史を持つ人類の脳構造に与える影響は微小です。

古代から変わることなく、女性は男性の暴力に怯え続ける宿命を背負っているのです。

おまけに、メディアの発達した現代は、極点が強調されます。

極端なスタイル、美しさにメディアで称賛が集まります。

こうした動向が庶民の日常にも波及し、女達の間には、いつも目に見えないマウンティング合戦の闘気が漂っています。


まとめると、女性は高身長イケメンを理想とする外見の優れた男性を必要とします。

それは、女性の本能的な欲望であること、彼女らを取り囲む情勢で生き抜くためという2つの理由です。

こうした男性は、何もしなくても、お金がなかったり、稼ぐ能力が低くても、目先の逆ナンパといった反響を受けることが少なくないと思います。

オナ禁はテストステロン値を高め、体型をスリムにしたり、顔つきを引き締めたり、目の脂肪をおとして二重にするなど、外見にも影響を及ぼします。

したがって、あなたに「高身長イケメン」の傾向があれば、それが加速し、別に稼ぐ努力をしなくともオナ禁の結果として女性からお誘いが入るかもしれません。

しかし、その働きかけは、女性の目先の需要を満たすためが目的となるので、それだけでは不十分です。

本当に女性から求められるためには、やはり「稼ぐ力」は不可欠です。(こういう人たちは、女性に引き上げてもらえるのが普通)


また高身長イケメンから遠い人へも、オナ禁はテストステロン増強作用をもたらします。

いつもより見映えのよくなった自分に感動して、延々とオナ禁を繰り返してしまうかもしれません。

それは「瞑想をして気持ちいい」というのと同じで、主観的な満足感にすぎません。

おそらくは、高身長イケメンのようにボディーガード需要を満たすこともなく、女性から流し目を受けるくらいに終わるのではないでしょうか?

女性からの流し目は、下層男を勘違い状態にして操り、利用するための悪魔の工作です。絶対に騙されてはいけません。

騙されないためには、正しい方向に舵を切ることです。

かなりグダリましたが、結論は、以下です。

オナ禁に乗り出す全ての男は「餌を狩る=お金を稼ぐ」方向に舵を切れ。

3. 最高のオナ禁のために

f:id:Illuminated29:20190618154428j:plain

オナ禁は、それ自身「気持ちのいい」行為です。

それがもたらすテストステロン分泌の向上は、「瞑想」にも等しい修行的な充実感を与えてくれます。

これにテストステロンによる有能感が加わるので、非常に「気持ちいい」行為です。

問題なのは、あまりの気持ち良さに満足してしまい、本来の目的を見誤りがちなことです。

例えば、結果が出てないのに、オナ禁の気持ち良さのために継続するのでは、オナニーをしているのと一緒です。

このサイクルにハマってしまうと、大きな遠回りを喫することになります。

まずすべきことは、お金を稼ぐ場所の設定です。

高校生〜大学生なら、アルバイトなり、ネットビジネス(A8.net
で見つけた案件をブログで紹介するだけ)を選びましょう。

あるいは努力して偏差値の高い学校や高年収の会社に入るのも良いと思います。


稼ぐ場所を定めたら、あとはそこでトップに上り詰めるだけです。

ここでオナ禁を発動しましょう。

「富は集団のトップに集まるもの」という感覚は、原始レベルの感覚として人間の脳にプログラムされています。

どんなに小さな経済集団でも、上位層に入ることができれば、まず「女性からモテます」。

その闘争を有利に進めるてくれるのがオナ禁なのです。


能力と経済力を並行して向上させることを意識しましょう。

例えば、欲求不満の状態が生じたとして、それをオナニーで解消する代わりに筋肉トレーニングやブログ執筆など、成果の残る行為で代替するようにしましょう。

もちろん、それはオナニーに代替できる何かであればOKです。

オナニーは何も残しませんが、成果を積み上げることのできる行動にエネルギーを費やせば、成果が積み上がっていきます。

それが集団内における優位形成に貢献し、あなたの能力と経済力を高めてくれるはずです。

能力と経済力が同時に向上すれば、必ずOKを下す女性は現れます。

オナ禁は、こうした一連のプロセスを最速で進むための補助具でしかないことを心に留めてください。


皆さまがオナ禁に支配されることなく上手に制御して、現実社会の闘争を勝ち抜かれることを願っています。