Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

MLBの年俸推移から考える「若者の不遇」

若者世代は、日本の成長期を謳歌してきた老人世代と比べると、苦境に追いやられているように見えます。

給与から差し引かれる税金の大半は、老人向けの社会保障関連費用、年金、または老人が積み増した国債返済費用に消えます。

横行する非正規雇用も、2001年の小泉改革までは規制が強く、いまほど猛威はふるっておりませんでした。

また周辺国との領土問題、ゆとり教育、暗記教育の非是正など、若者が被る問題の大半は、老人世代が作った問題が棚上げにされる形で存在しています。

手厚い社会保障と終身雇用制に守られる老人世代に比べると、「若者は奴隷である」と考える人が現れても不思議ではありません。

では、本当に若者は不遇に遭っているのでしょうか?



1 若者の不遇はない。ただ二極化しただけ。

若者の不遇は、給与の少なさが原因【非正規雇用】

若者の不満は、収入の少なさに由来しています。
1991年の社会主義の敗北を機に資本主義の優位が確定し、日本もこの動向に巻き込まれることになりました。
象徴的なのが、2001年の小泉政権による派遣法改正です。

この派遣法改正により、学歴・職歴・高度技術に乏しい若者は、社会保障やボーナスの恩恵と切り離された「派遣労働者」の地位に追いやられることになりました。
「派遣労働者」は、正社員に比べて低額な給与水準だけでなく、賞与・昇給、社会保障とも無縁で、退職金も見込めません。
つまり、「終身その日暮らしの民」です。

手厚い社会保障に守れた正社員の椅子が減り、非正規社員の椅子に変わったので、社会の一定数はそこに座らなければなりません。
学校を出たばかりの高度技能に乏しい若者ほど、こうした劣位なポジションにはまりやすいことが「若者の不遇」というロジックの根拠となっています。

たしかに街を歩けば、シニア層が黒塗りの高級車で街を走り回るのを横目に、新人〜中堅の年齢層が俯きながら歩くという都市風景が目に入ってきます。
こうした現状を見れば、年齢による分断を訴える論調も一部では事実なのでしょう。

それでも、私が「若者の不遇はない」と主張するのは、資本主義の構造に立脚しています。

つまり、「敗者あるところに勝者あり」が資本主義の常です。

「敗者になりやすくなったが、また勝者側にも回るチャンスに溢れている」のが現代なのです。
たしかに、老人は有利なポジションに立っていがちですが、あくまで最底辺との比較に過ぎません。

純粋な資本主義における勝者とは、黒塗りの高級車(ローン購入や社用車とも知れない)に乗っている程度では判断しきれないのです。


非正規雇用は、致し方ない時代の潮流

そもそも、非正規雇用の出現は、世界的な潮流に従った致し方ないトレンドです。

2001年に就任した小泉純一郎元首相の雇用規制緩和により、労働者は正規雇用者と非正規雇用者に分離しました。

非正規雇用者は、賞与と昇級から引き離された、企業活動に都合のいい低所得の地位に落とされました。

いっぽう、正規雇用者の地位は安定的なので、両者の間に格差が生じます。


とはいえ、何もこれは日本だけで起きた特有の現象ではなく、世界共通の潮流です。

経済優位を突き進めた結果、アメリカはもちろん、EUですら移民の労働力に依存するようになっています。

移民の導入によって、自国の労働者に余剰が生じたことが引き金となり、国民の極右化、排外デモなどの傾向を示しつつあります。

移民の側でも、貧困を原因とする犯罪、暴動が頻発し、いわゆる「移民問題」の原因となっています。

こうした国内の問題は、移民を中心とする非熟練労働力とそれを従える中流以上との間の経済格差が発端になっています。


とはいえ、こうした世界的トレンドに対して、日本が強いうちは無視(鎖国)を決め込めることができました。

しかし、冷戦終結によって途上国を包摂した資本主義は、対日依存の必要性を失い、工場としての日本の強みは消え去ります。

もはや、日本に世界的な潮流に抗う力はなく、労働者の非正規雇用化はその現れに過ぎません。


実際には、1991年の資本主義の勝利が、世界を「グローバル化(統合)」に向かわせる転機となりました。

自由貿易が促進され、世界の市場が互いに交わり、国境を超えた物のやり取りが促進されるようになります。

しかし、国境を超えたのは、物だけではありません。人もまた国境を超えてやり取りされるようになったのです。

つまり、先進国の大企業が、新しい単純労働力を「発見した」瞬間でした。


この動きを象徴するのが、「産業の空洞化」と呼ばれる現象です。

これは、製造業が労働コストの安い途上国に生産移転した結果、本国企業の雇用が失われる現象のことを指します。

とくに1991年の中国の対外開放のインパクトは大きく、賃金コスト削減を求める先進国企業がこぞって中国市場に進出しました。

この動きは、先進国労働者に途上国労働者との競争を宿命づけました。

つまり、冷戦終結と同時に、労働者価値の相対的な低下が起きていたのです。

これを適正値に調整した改革が、2001年の小泉改革といえるでしょう。


先進国水準の賃金が、なだらかな下降を辿るのではなく、ショック療法的に急落したので、そのショックは大きかったようです。

しかしながら動向そのものは、国際情勢を反映した適正なものであり、日本も「乗るべきトレンドに乗ったまで」に過ぎません。


つまり社会は二極化に分離した

2001年の派遣法改正により、社会は二極化に向かいましたが、「若者の不遇」と呼べる状況にはありません。

若者が「非正規労働者」のポジションに置かれやすい状況があるのは事実です。

しかし、目の前に転がっているチャンスを考えれば、「不遇」という言葉を使うのは不適切です。

例えば、インターネットメディアの普及ひとつをあげても、それは間違いありません。


なぜなら、無料で知識が手に入り、しかも収益化の手段として利用できるインターネットを使うことができるからです。

インターネットの登場以前、知識は、特権階級や専門者の手に掌握されていました。

既得権益層は、自分の立場を守るため、知識を独占し秘匿してきたのです。


昔の本や政府関係の資料を読めば、わざと難解に書かれた文章に気づくと思います。

そうした民衆の手に届きにくい知識が、インターネットの登場を機に、社会の全階層に開放されたのです。

このことがもたらした影響は大きいです。


例えば、インターネットの検索窓に専門用語を打って検索をかけると、用語を平易に解説した解説サイトがほぼ必ずヒットします。

また技術に関連する内容もインターネットには豊富で、検索をかければほぼ間違いなくヒットするでしょう。

これまで秘匿されてきた知識・技術は、特権階級だけのものではなくなり、全ての社会階層にチャンスが与えられたのです。


そして能力を蓄えるだけでなく、仕事を受注したり、成果物を提示してユーザーに認められれば、組織の仲介なく、対価を受け取ることができる状況が出現しつつあります。

そればかりか、日本の底辺職の給与水準は、世界的にかなり豊かな部類です。

物価も低いので、毎月節制すれば、1年以内に100万円を貯めることは難しくありません。


さらに、純粋な資本主義における「勝利」は、「正規社員、給料月50万円、福利厚生付き」といった生易しい待遇ではありません。

こうした時代のチャンスを無視したまま、「不遇」を叫ぶのは間違いです。


2 若者にはチャンスがある。老人は中流以上のポジションに上がりにくい。

インターネット普及後の世界に若者でいられるのはむしろ優遇

インターネット・インフラが当然のシステムとして普及した現代に生まれたことは、若者の大きな強みです。

インターネットが普及したことによって、学校教育、コミュニケーション、仕事など、全てが様変わりました。

この社会的なプロトコル(仕様)に馴染みやすいことが、若者のチャンスを加速させます。


老人はインターネットを使いこなせない

老人層が生きた時代は、福利厚生をはじめとする政府の保護が行き届いた時代でした。

反面、ツールとしてのインターネットも普及しておらず、コミュニケーションは「手書き」、「電話」が主流です。

そんな階層がいざ、インターネット上の富の獲得に乗り出そうとしても、心理的障壁から容易には実行に移せません。

「年配の方でもブログを書く人はいる」という反論も一部は事実ですが、より広く読まれるためのSEOといった技術は無視されがちです。

つまり、「インターネットを使った収益化」という自分世代にはあり得なかった感覚に馴染めないのが老人層だといえます。

Youtuberやブロガーで稼いでいるのは若者ばかり

実際、インターネットとともに出現したYoutuber、ブロガーといった職業でも、上流層は「若者」が占めています。

はじめしゃちょー、ヒカキン、イケハヤ、ヒカルといった顔ぶれを見ても、全員が20〜30代の新人・中堅の年齢層ばかりです。

つまり、雇用システム的には抑圧を受けながらも、インターネット・インフラに精通しているがゆえのチャンスに恵まれているのが現代の若者です。


3 若者には天上人になれるチャンスがある

天上界の民とは?

若者の眼前には、「天上界に登るチャンス」が広がっています。

天上界とは、資本主義によって二極化された人間の、上位側を占める層です。

その対極を、低賃金労働者層が構成します。

このような構造は、資本主義によって、人間が「勝ち組」と「負け組」を明確に二分されることに由来します。

中間の形成は意識されません。

圧倒的な勝ち組(金持ち)と、圧倒的な負け組(貧乏人)に分かれ、受け皿が広いため両者が量産されます。


天上人は才能評価

この「勝ち組(天上人)」の受け皿が若者により多く開かれているのは、前述の通りインターネットとの親和性のためです。

現代のお金はインターネット上の電子情報に姿を変えつつあります。

つまり、お金がインターネット上に集まり、価値の大きさに比例して電子上で決済が完結する時代なのです。

さらにインターネットの特徴として、「拡散」を得意とします。

インターネットのネットワークで販路は世界に広がり、従来型のビジネスでは想像できないレベルの収益をあげることが可能となります。

つまり、インターネットに乗って市場により多く価値を拡散できた人間が、「富に恵まれる」時代と言えます。

さらに、個人で全てが完結するので、組織の仲介なしに誰でもビジネスを開始することができます。

しかし、単なる価値では競合と重なるので大きな収益は見込めません。

そこで、より重要になってくる条件が「才能」です。

Youtuberは魅力、集客力という才能を売りにしています。

また一般労働者のコストカットを横目に報酬のインフレ化を突き進むプロスポーツ業界も、露骨に才能評価の業界です。


才能とは、その人にしかない唯一無二性を持った特徴です。

こうした特徴にお金が集まる理由は、「替えが効かないから」です。


昔の特権階級は官吏でしたが、この領域は試験に合格する能力さえあれば、誰でも資格を得ることが可能です。(一族系の政治家は「替えが効かない」点である意味、才能か。)

そうした「交替の効く」官吏収入は、才能ある若者の収入を容易に下回っています。


MLBに見る天上人の給与水準の伸び

人間の二極化の動きが世界的なものなら、資本主義の胴締めであるアメリカに最も顕著なはずです。

アメリカといえば、スポーツ産業が盛んな国です。

アメリカで最も活発な産業は、アメリカンフットボール(NFL)、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)、メジャーリーグ・ベースボール(MLB)が代表的です。

ここでは、筆者に馴染みの深いMLB(Major League Baseball)の過去33年の最高所得者の推移を見てみたいと思います。

f:id:Illuminated29:20170915204223p:plain

(BASEBALL REFERENCEhttps://www.baseball-reference.com/teams/BOS/2017.shtmlを参考に筆者が作成)

全体的に右肩上がりの上昇を示し、データの端(1985年 : 200万ドル)から端(2017年 : 3557万ドル)まで約18倍の上昇を示しています。
1985年の時点で約200万ドルに過ぎなかった最高年俸は、1997年には年俸1000万ドルの大台に到達(アルバート・ベル選手)。

さらに、4年後の2001年にはアレックス・ロドリゲス選手が単年2,200万ドルの契約を獲得。(2000年 : 打率.316 41本塁打 132打点)

さらに5年後の2009年には、再びアレックス・ロドリゲス選手が単年3,300万ドルの長期契約を獲得します。(2008年 : 打率.302 35本塁打 103打点)

アレックス・ロドリゲス選手のブランド価値に対する報酬も考慮されているのでしょうが、打撃成績的には劣化しているにも関わらず、1.5倍増に増加している年俸評価額が給与水準のインフレ傾向を示しています。


2009年以降は、金融危機の余波もあり、給与水準の伸びは停滞しますが、景気回復が軌道に乗った2013年ごろから、年俸水準も伸びを取り戻します。

2017年時点の最高年俸は、クレイトン・カーショー選手の3,557万ドルとなっています。


以上のように、MLBの給与は、アメリカ経済のインフレ現象が如実に反映された数値を示しています。



それでは、アメリカ国民の平均年収も同様の伸びを示していたのでしょうか?

以下は、1985年から2017年までの、アメリカの世帯平均収入の推移です。

データはなだらかな増加傾向を示してはいますが、1985年(51,445ドル)から2017年(61,372ドル)までの伸び率は、約1.2倍(+20%)に過ぎません。

いっぽう、次はMLBの平均収入の推移です。

1985年(37. 2万ドル)から2015年(425万ドル)までの30年間における伸び率は11.4倍(+1,142%)です。


アメリカの富の総量は、中央銀行がドルを発行するたびに増加します。

その富の伸びは、莫大なものであると体感でははっきりしておきながら、企業の内部留保や個人資産として蓄えられるの、なかなか市場に表面化してきません。

しかしながら、こうしたMLB選手をはじめYoutuberなど、社会に才能を提供する立場の人々の収入は、年度ごとに増大していることが分かります。

知識や技術を提供する一般労働者のコモディティ化を尻目に、才能を提供する人々の懐には、金融緩和によって供給された潤沢な経済資源が回ってきているのです。


これが二極化の正体です。

つまり、旧来通り社会に知識・技能を提供するか、あるいは世界に才能を提供するか、

これが奴隷と天上人を隔てる分水嶺となるでしょう。


若者の不遇はあるか?

むしろ、老人が不遇であると私は主張したいです。

たしかに、若者が苦しい立場にあることはまちがいないでしょう。

途上国人材との競争、労働者の水準の向上、こうした状況に直面せざるを得ないからです。

しかし同時に、現代はインターネットを誰でも利用することができます。

インターネットの用途は様々で、独自の流通網を持ったり、意見を述べたり、動画投稿サイトで評価を求めて才能をアピールすることもできます。

つまり、インターネットという文明の恩恵を使える時点で大物Youtuberと私たちのスタート地点は同じです。


一方、インターネットに慣れていない老人層にネットを使いこなすことは困難です。

おじいちゃん、おばあちゃんの大物Youtuberが一向に登場してこないのも、その証拠となるでしょう。

しかも、老人層は現役時代に貯蓄したお金で、激しいインフレを遂げた後の現代社会を生き抜かねばなりません。


1985年のMLBの最高年俸は200万ドルでしたが、2017年の最高年俸は3,557万ドルなのです。

日本の場合、1985年のプロ野球の最高年俸は8,500万円でしたが、2017年の最高年俸は5億円です。

つまり、約6倍のインフレが起きた後の物価を当時稼いだお金でやりくりしていかねばならないのが、老人世代なのです。

もちろん、年金という制度もありますが、制度的な破綻を迎えつつあることは自明です。


以下のアメリカにおける(1914年以降)インフレ率の推移です。

f:id:Illuminated29:20170915204129p:plain

2度の世界大戦や数度の経済危機の局面を除いて、毎年、ほぼ安定的に数%のインフレ率を継続していることがわかります。


やはり、不遇にあるのは、老人の方ではないでしょうか?

老人は、変化を嫌ってイノベーションを退ける人が多いですから、時代のチャンスにもありつけません。


それに比べると、若者はインターネットという拡散手段にも馴染み深く、インターネットで価値を生み出すという発想に抵抗もありません。

行動しなければ、低落していく経済情勢に飲み込まれるだけでしょう。

しかし、行動する者には、膨大なチャンスが与えられる時代だと私は考えます。