Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

東南アジア5ヶ国の富裕層Top10が華僑だらけな件について

f:id:Illuminated29:20190616164652j:plain

鈴木傾城さんの記事で「インドネシア経済の90%は華僑に握られている」といった内容を目にしました。

それは本当でしょうか?

その事実性を検証するために、2017年のフォーブス資料を参考に検証を行います。

フォーブス記載の最富裕層の顔ぶれを見ることで、経済活動の中軸を担う階層を判定できるでしょう。

さらに、インドネシアだけでなく東南アジアの主要国の状況も調べることで、地域全体の傾向に関しても調査を行ってみました。


※資料は2017年のもの。過大推計とならないように、出自不明の人物は「中華系人材」の枠から外しています。
資産の単位は10億ドル(B)


インドネシアの富裕層上位10名に占める華人比率は76.7%(2017)

インドネシア

Indonesia’s 50 Richest

順位 名前 資産額 業種 民族
1 R.Budi & Michael Hartono 17.1B Djarum 中国系インドネシア人
2 Susilo Wonowidjojo 7.1B tobacco 中国系インドネシア人
3 Anthoni Salim 5.7B diversified 中国系インドネシア人
4 Eka Tjita Widjaja 5.6B palm oil 中国系インドネシア人
5 Sri Prakash Logia 5B polyester インド系インドネシア人
6 hairul Tanjung 4.9B diversified インドネシア人
7 Boenjamin Setiawan 3.3B pharma 中国系インドネシア人
8 Tahir 3.1B diversified 記載なし
9 Murdaya Poo 2.1B diversified 中国系インドネシア人
10 Mochtar Riady 1.9B diversified 中国系インドネシア人


合計資産額(B : 10億ドル) 華僑資産 合計資産 : 華僑比率
インドネシア 55,8(B) 42.8(B) 76.7(%)
(Forbes Indonesia’s 5 Richest : Indonesia’s 50 Richest List)


最富裕層10名の資産合計(558.億ドル)のうち、華僑人材の資産額は428億ドルです。

これは割合にして76.7%であり、最富裕層上位10名のうち8割近くが華僑系人材の手に掌握されていることになります。

「インドネシア経済の90%が華僑人材の支配下」というのは、調査を末端の市民にまで掘り下げて行わないと答えは出せません。

もちろん、インドネシア人の大半は現地系の人々ですから、「経済資本の9割が華僑に所有されている」ことは有り得ないと思います。

しかし、資本の移動・分配に決定権を持つ大企業と言う枠組みでは、半ば華僑寡占と呼べるような状態が成立しているのかもしれません。


近年インドネシア国軍司令官が「中国人をサメの餌に」と発言して問題になりましたが、こうした発言も高すぎる華僑依存度に対する反発と警戒から来ているのでしょう。


それ以外の国でも華僑人材が支配的



シンガポール

順位 名前 資産額 業種 民族
1 Pobert & Philip Ng 9.4B real estate 中国系シンガポール人
2 Eduardo Severin 9.3B Facebook アメリカ系シンガポール人
3 Goh Cheng Liang 7.8B paints 中国系シンガポール人
4 Kwek Leng Beng 7.1B real estate 中国系シンガポール人
5 Khoo family 6.3B Maybank 中国系シンガポール人
6 Wee Cho Yaw 5.8B banking 中国系シンガポール人
7 ,Kwee family 5.3B Real Estate インドネシア系シンガポール人
8 Kuok Khoo Hong 2.7B palm oil 中国系シンガポール人
9 Raj Kumar & Kishin RK 2.6B real estate 記載なし
10 Sam Goi 2.2B frozen foods 中国系シンガポール人


資産合計(B : 10億ドル) 華僑資産 合計資産 : 華僑比率
シンガポール 58.5(B) 41.6(B) 71.1(%)
(Forbes singapore’s 5 Richest : Singapore's 50 Richest List)


最富裕層上位10名の資産合計(585億ドル)のうち、華僑人材の資本は416億ドル。

これは割合にして71.1%

第2位にランクインするアメリカ系シンガポール人のエドゥアルド・サベリン氏(Facebookの設立者のひとり)が例証する通り、シンガポールは代表的な租税回避国の1つです。
そのため華僑以外の富豪も集まるので、調査した東南アジア5カ国の中では最も低い華僑寡占率となっています。


フィリピン

Philippines’s 50 Richest

順位 名前 資産額 業種 民族
1 Hennry Sy 18B Investments Corporation 中国系フィリピン人
2 John Gokonawel Jr. 5.5G Surmit 中国系フィリピン人
3 Enrique Razon Jr. 4.3B International Container Terminal Services 中国系フィリピン人
4 Lucio Tan 4.2B LT Group 中国系フィリピン人
5 Jaime Zobel de Ayala 3.7B Ayala Corp スペイン系フィリピン人
6 David Consunii 3.68B Construction 中国系フィリピン人
7 George Ty 3.6B banking 中国系フィリピン人
8 Tony Tan Caking 3.4B Jolibee 中国系フィリピン人
9 Andrew Tan 2.5B Alliance Global 中国系フィリピン人
10 Ramon Ang 2.3B San Miguel スペイン系?


資産合計(B : 10億ドル) 華僑資産 合計資産 : 華僑比率
フィリピン 51.18(B) 40.88(B) 79.87%
(Forbes Philippines’s 5 Richest : Philippines' 50 Richest List)


最富裕層上位10名の資産合計(511.8億ドル)のうち華僑人材の資産は408.8億ドルです。

これは割合にして79.9%であり、経済に占める影響力の高さを伺わせます。

フィリピン人御用達のSMモールもジョリビーも華人経営です。


マレーシア

Malaysia’s 50 Richest
順位 名前 資産額 業種 民族
1 Robert Kuok 11.4B palm oil, shipping property 中国系マレーシア人
2 Quek Leng Chan 6.8B banking, property 中国系マレーシア人
3 Ananda Krishna 6.5B telecoms, media, oil-services 中国系マレーシア人
4 Hong Piow Teh 4.75B banking 中国系フィリピン人
5 Lee Shin Cheng 4.7B palm oil, property 中国系マレーシア人
6 Lim Koh Thay 4.45B casinos 中国系マレーシア人
7 Yeoh Tiong Lay 2.1B construction, property, power 中国系マレーシア人
8 Lau Cho Kun 2.08B palm oil, property 中国系マレーシア人
9 Tiong Hiew King 2B timber, media 中国系マレーシア人
10 Syed Mokhtar AlBukhary 1.8B engineering, energy, construction イエメン系マレーシア人


資産合計(B : 10億ドル) 華僑資産 合計資産 : 華僑比率
マレーシア 46.58(B) 38.28(B) 82.1%
(Forbes Malaysia’s 5 Richest : Malaysia’s 50 Richest List)


最富裕層上位10名の資産合計(465.8億ドル)のうち、華僑人材の資産は382.8億ドルです。

これは割合にして82.1%であり、存在感としてはかなり高い部類といえます。

華僑系人材が離れていく形でシンガポールと分離した国ですが、富の大半は未だ華僑人材によって掌握されていることが伺えます。


タイ

順位 名前 資産額 業種 民族
1 Brothers Chearavanont 21.5B food 中国系タイ人
2 Charoen Sirivadhanabhakdi 15.4B drinks, real estate 中国系タイ人
3 Chirathivant family 15.3B retail 中国系タイ人
4 Chalerm Yoovidhya 12.5B drinks 中国系タイ人
5 ,Vichai Srivaddhanaprabha 4.7B duty-free タイ系?
6 Krit Ratanarak 3.9B media, real estate タイ人
7 George Ty 3.8B insurance, beverages 中国系タイ人
8 Prasert Prasarttong-Osoth 2.6B hospitals 記載なし
9 ,Santi Bhirombhakdi 2.3B bear 記載なし
10 Aloke Logia 1.75B petrochemicals 中国系タイ人


資産合計(B : 10億ドル) 華僑資産 合計資産 : 華僑比率
タイ 83.75(B) 70.25(B) 83.9(%)
(Forbes Thailand’s 5 Richest : Thailand's 50 Richest List)


最富裕層上位10名の資産合計(837.5億ドル)のうち、華僑人材の資本は702.5億ドルです。

これは割合にして83.9%であり、東南アジア主要5カ国では、最も華僑人材に上位を占められている国といえます。

ちなみに、最富裕層のBrothers Chearavanont氏(華僑系)の資産額は、同年の日本の孫正義氏の資産額(204億ドル)を上回る215億ドルを示していますが、これはChearavanont兄弟の資産合計という理由に過ぎません。

しかし、第2位のCharoen Sirivadhanabhakdi氏(華僑系)の資産額154億ドルをみても、中進国に過ぎないはずのタイ王国が、日本の富裕層を追い上げつつあることが読み取れます。


最富裕層10名の合計では、華僑人材の資産が全体の83.9%を占めており、調査した東南アジア主要5カ国の中では最高の割合を示しています。



東南アジア主要国に占める華僑人材のプレゼンテージは圧倒的

調査した東南アジア5カ国の全てで、富裕層上位10名の資産合計の少なくとも70%以上が華僑人材の手に握られていることがわかりました。

もちろん最上位10名の資産合計は、経済全体での比率としては過半数にも満たない規模の数字です。

しかし、この階層の人々は現地経済(企業)の多くを、樹形図的に支配下に置き、上層から末端に至るまでのお金の流れに支配権を持っている人々といえます。(シンガポールは租税回避国なので例外的)

インドネシアだけでなく、マレーシア、フィリピン、タイの経済も、インドネシア同様に華人が主導権を握っている状況が明らかになりました。

これは、アジアの国々で最も中国と隔たりの大きい東南アジア地域において、経済活動の華人支配体制が整いつつあることを示唆しています。

そのほかの、香港やマカオ、台湾といったアジアの国々の華人率の高さは語るまでもありません。

すでにアジアの経済活動は、華僑の支配下に降りつつある、というような状況が伺えます。


もちろん、企業の支配権は華僑に委ねられても、国民の多数派は現地系です。

お金そのものを握っている階層は現地民であり、華人の支配権を持ち出すのは誤りのように伺えます。

しかしながら、いつの時代も経済上層に食い込んだ経済人は、ロビー活動を通して現地政権の行動に影響を及ぼしていくものです。


今は現地系の人々が多数派でも、移民政策が実施された結果、数世代を経て現地民そのものが華僑と同化していくことは大いに有り得ます。

中国本土の「一人っ子政策」は、本土中国人に育児制限の影響が及ばない諸外国への移住を促す作用もあるでしょう。


東南アジアの富裕層上位10名の調査から、東南アジア主要国経済における華僑人材の寡占が進行しつつあることが読み取れました。
それは話題となったインドネシアだけでなく、シンガポール、フィリピン、マレーシア、タイにおいても結果は同じです。
こうした国々には、中国化の恐れがあります。