オッサンズ・オブリージュ

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

テレゴニー遺伝という女性に都合の悪い事実

人類初のビジネスとは何か?

それは男の場合、傭兵であり、女の場合は売春だったらしい。

つまり、「女の肉体」は「男の労働力」に対応する価値を持つのである。

とはいえ、体を売ることは、感染症や望まない妊娠、周囲からの蔑視などリスクが大きい。

なので普通の女性なら、余程差し迫った状況にでもならない限り、売春業には従事しない。

せいぜい、お金持ちの男性から寵愛を得て、自分の財布と連結させるくらいが一般的な立ち回り方である。

(こうして直視しがたい売春を、できるだけ人間的な営みに組み込もうと作られたのが、「結婚」という制度だったのだと思う。)


ところが、21世紀の日本においては、事情がいささか異なる。

現代日本の女性は、人類史の常識を覆すかのように平然と体を売っているのだ。


ある調査によると、現役の売春従事者は30万人。

売春経験者に至っては20人に1人(女性の5%)を記録するらしい。

売春可能年齢に達していない女性を織り込んだ割合なのか分からないが、あくまでこの割合で計算してみよう。

日本女性の総数は、日本の人口1億2680万人 (2017年)の半分にあたる6340万人。

これに0.05を乗じると、国内には約320万人の売春経験者がいる計算になる。(表面化しにくい援助交際経験者は除外しているので実際はさらに多い)

この数字は、日本の女子小学生の数とほぼ同じである。

あなたは1日に何人の女子小学生を見るだろうか。

1日の間に、ほぼそれと同じ数の売春経験者を目にしているという計算になるのである。

しかし、「身体を売る」ことには様々なリスクがあった。

「感染症、望まない妊娠、周囲からの蔑視」といったリスクが、日本の女性は怖くないのだろうか?

全く問題ないようだ。

医学の進歩は目覚ましく、世界を脅かしたHIVの治療にすら迫る勢いである。大半の感染症は、薬で治せる。

望まない妊娠に関しては、避妊具の進歩によって完全に克服された。

売春従事者に対する蔑視も、日本ではAVの浸透とポルノの一般化で、半減化程度には消えたと思う。

つまり、女性を風俗業から遠ざけていた「リスク要因」が、現代日本ではほとんど無くなっているのだ。

同時に、「女性も稼がなければ生活できない」資本主義的な風潮の後押しもあり、日本において売春業は一般職化しつつある。


この層の女性たちは、人生が面白くて仕方ないだろう。

・専門技能を要さない性労働で月100万円を超える収入
・管理を徹底すれば性病リスク0
・出稼ぎすれば完全に隠蔽可能

自分のことを社会の勝ち組だと自負されるAV女優や売春婦の方が、案外多いのではないだろうか?


そんな方々の鼻をへし折る研究が2014年にオーストリアで発表された。


結論をかいつまんで言うと、「女性が過去に性的関係を持った男性の遺伝子は、女性の体内に保存され、血縁関係の有無に関わらず、生まれてくる子どもの形質に影響を及ぼす」のだそうだ。


この研究では、ショウジョウバエを使って子供世代の形質の分析が行われた。

その結果、

ハエの2組が交尾して生まれた子供の形質は、本来の父親よりも以前に交尾をしたパートナーの遺伝的影響が多く確認できたというから驚きだ。


端的に言えば、テレゴニー遺伝が証明されたわけだ。


夫婦の間に生まれてきた子供が、確かに夫婦の間にできた子なのに、何故か似ていない。それどころか、妻の過去の交際相手とどことなく似ているような・・・?
このテレゴニー遺伝は、そんなたまに耳にするような現象につけられた名前である。
それ自体はアリストテレスの時代から観察されていた現象だが、「獲得遺伝」の科学的立論が難しいという理由で今まで退けられてきた現象でもある。

武谷三男の生物学思想―「獲得形質の遺伝」と「自然とヒトに対する驕り」

武谷三男の生物学思想―「獲得形質の遺伝」と「自然とヒトに対する驕り」


しかし、私たちが何気なく笑い飛ばしている話の中にも、よくよく観察すると「テレゴニー」を思わせるものがある。

例えば、読売巨人軍の正一塁手として活躍した駒田徳広選手の奥さんが「黒人の容貌をした赤子を生んだ」というエピソードである。

駒田選手の元妻からすれば、駒田氏を裏切ってまで、他の男性と浮気をし、あたかも子を設けるような動機は薄いはずだ。
なにせ駒田氏は、当時日本最強の巨人軍のレギュラーを勝ち取った勝ち組なのだから。
「勝ち組男性と添い遂げる」ことが、円満な生活を目指す上での正攻法ではなかったか?
もし仮に浮気相手がいたとして、子供ができようものなら、堕ろすのが普通だろう。

それがなかったということは、駒田選手と妻との間に、黒人の容姿を備えた子が生まれたということだ。

20世紀的な解釈では、妻の浮気としか考えられない。
しかし、獲得遺伝の知識を獲得した私たちには、このような理解が可能ではないか。
つまり、駒田氏の元妻が過去に関係を持った黒人男性の遺伝子が、駒田氏と妻との間にできた子の遺伝子に影響を与えたという推測である。
もちろん、駒田選手の元妻の過去の交際相手に黒人男性がいたかは定かではない。ただ、獲得遺伝の視点から見れば、「妻の浮気」という20世紀的理解を超えた解釈が可能なのだ。

自分の経験を振り返っても、筆者の高校時代に、不思議なクラスメートがいた。

そのクラスメートは、純日本人の両親を持っていながら、ウエンツ瑛士的なハーフ顔で、留学もしていないのにやけに英語の発音が流暢。

そして、母親は海外留学経験持ちで溌剌とした、見栄の強そうな(今でいうキラキラ系の)女性。

親しく接したので、彼の父親と対面したことがあるが、容姿は全く似ておらず、雰囲気も違う。

そうした彼のハーフ顔に言及すると、コンプレックスなのか、ひどく反発していたことを鮮明に覚えている。


そのほかにも、インターネットの検索ボックスに「テレゴニー遺伝」と書いてクリックすると、でその存在を思わせる経験談が知恵袋などに多く残されていることが確認できる。

そんな実例が至る所に散らばるテレゴニー遺伝が、2014年のオーストラリアの研究結果によって、正式に科学の裏付けを得たのである。

このことが及ぼす影響は大きい。


何よりも認め難いのは、生まれてくる子供の形質が、実際の父親よりも母親が過去に関係を持った相手から多く影響を受けることではないか。


自由恋愛なら相手を選べるのでまだ問題は少ない。

しかし、完全受け身のAV女優や売春女性からすれば背筋の凍る研究結果だと思う。


売春女性が持ちがちな「売春客との性的関係は、全てなかったことにできるので問題ない」という無邪気な考えは一撃で粉砕されるだろう。


売春業から足を洗った後で理想の男性と結ばれても、生まれてくる子供の遺伝子には、過去に交わった売春客の遺伝子が関わってくるのだ。

なんてこった。


そして、この研究成果は、男性に与える衝撃も大きい。

理由は単純で、一生を遂げる覚悟で結婚した相手が、どこの馬の骨か分からない人間の遺伝子を持ち込んでくるというのだから。

絶望を超えて、怒りさえ湧き出る話だろう。

怒らない人でも、心理的な去勢レベルの影響を受けると思う。

妻の過去を完全に把握できる夫はおそらく少数だから、去勢とはいかなくても、男性全体に潜在的な恐怖心が芽生えてしまうはずだ。

とくに、未婚男性のほとんどは、AV女優や売春女性との結婚をためってしまうだろう。

ヨーロッパの王族は、離婚歴のある女性を妻に選ばなかったそうだが、それもテレゴニーを意識しての判断だったという説がわりと一般的だ。

王族ほど高貴でない一般人でも、売春客やAV男優に似た子供を生んでくる女性は避けたい。

とはいえ、このおぞましい研究結果も、”配偶者候補から売春女性は外した方がいい”という男性の審美眼の向上に一役買ったのであれば、その貢献は大きいと思う。

また女性にとっても、売春にふみ切ろうか悩んでいる時に、引き止める効果も期待できる。

我々はこの研究成果を否定するのではなく、正面から向き合うべきだと思う。

つまり女性は過去に交わった男性の遺伝子から影響を受ける可能性が高いのだ。

売春業の横行に歯止めが効かなくなる前に、テレゴニー遺伝の研究が登場してくれてよかったと思う。

売春業の裏にあるリスクについて、もっと多くの女性が考えてくれたら幸いである。