Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

イチゴ鼻が治った件について【洗顔剤、毛穴パック、両方あかんで】

どうしても鼻の黒ずみを綺麗にしたいという焦りから、市販の洗顔クリームでゴシゴシ洗っていませんか?

特に洗浄後にクリームもつけずに放置している場合は、症状を悪化させているだけなので今すぐやめましょう。

私のイチゴ鼻が改善した経験をシェアしたいと思います。




f:id:Illuminated29:20170420053822j:plain

自分の鼻は↑こんな感じでした


鏡で日に日に黒くなっていく毛穴を眺める度に焦燥感に駆られ、焦りから誤った治療法を繰り返す日々が続きます。


イチゴ鼻が改善した今になって振り返ると、とても無駄なことをしていたなという気持ちです。


まず最初に、私が実践してきた「正しくない」イチゴ鼻の治療法を紹介したいと思います。

イチゴ鼻治療の失敗例


洗顔剤でゴシゴシ洗ってクリームもつけずに放置


これはやりがちだと思うのですが、毛穴の黒ずみは改善に向かわず、むしろ悪化していくばかりでした。

たしかに洗顔剤は、顔の脂を取り除くので、スッキリした肌感覚を与えてくれます。

その気持ちよさから、「肌にとってもいいことをしている」という感覚を覚え、毎日繰り返す。

けど治らない。

むしろ「悪化している気がする」。

今思うと、確実に悪化していたと思います。

その理由は、毛穴を保護するために皮膚を覆っている脂を除去してしまうからです。

たしかに洗顔剤は、ニキビ菌をはじめとする皮膚病の原因菌を退治してくれる効果があります。

しかし同時に、皮膚を保護するバリア機能も一緒に取り除いてしまうのです。

脂が担っていたバリア機能がなくなると、外気に晒された毛穴は、角栓を増やし自らを保護しようとします。

角栓は毛穴保護のためにできるので、人為的にバリア機能を壊してしまうと、厚くなってしまい逆効果なので注意しましょう。

対処法があるとすれば、洗顔剤で顔を洗った後、確実に保湿クリームを塗って、毛穴を守ってあげることです。

皮膚は乾燥に弱いため、保湿を徹底し、保護してあげましょう。


毛穴パックで汚れを剝ぎ取る

悪化するという口コミが出回っているこの方法。

販売している業者には申し訳ないですが、その口コミは事実だと思います。

なぜなら、毛穴にダメージが加わってしまうからです。

毛穴に詰まっている角栓は、意味なく存在しているのではありません。

毛穴を覆うことで、毛穴を外敵の侵入から守っているのです。

それなのに、粘着力で強制的に剥ぎ取れば、毛穴の健康が損なわれてしまいます。

確かに一時的には、黒ずみが消えてくれるかもしれませんが、永続することは絶対にありません。

角栓は自然に備わったバリア機能だからです。

逆に「今度は負担に耐えられるように」と厚みを増してくる可能性が高いです。

洗顔剤と同じく、毛穴の健康を損なう方法では、改善を期待することは難しいでしょう。


洗顔後に2000円程度の専用のクリームをつけてマッサージする

一番無難な解決策として広まっているようですが、私の治療法ならタダで済むので、先に試してみることをおススメします。

経験上、洗顔と保湿クリームをセットで使う方法も試しては見ましたが、改善する気配はありませんでした。

洗顔直後は綺麗になって満足感でいっぱいだけど、翌日になると「悪化してない?」ということもしょっちゅう。

毛穴は私たちに何を求めているのでしょうか?


効果があったのは、洗顔剤もクリームも使わず、水で優しく洗うこと


f:id:Illuminated29:20170420063205j:plain

角栓は、毛穴に備わった保護機能です。

これを脅かしてしまうと、毛穴は自らを保護するために、角栓をより厚くして脅威に備えようとします。

毛穴を脅かす要因とは、乾燥や細菌が基本です。

しかし、良かれと思って使った洗顔剤や、毛穴パックでさえ、毛穴にダメージを加えてしまうなら、角栓を厚くする結果を招くことでしょう。

洗顔剤は、顔の脂(保護クリーム)を取り除いてしまう副作用を持ち、原因になりえます。

毛穴パックは、粘着力という物理ダメージが加わるので避けたほうが無難です。

これまで述べてきた通り、毛穴ダメージに対する保護作用が働くことで毛穴の汚れは悪化します。

美容業界が他の商品を売りつけるために、わざとイチゴ鼻が悪化するような商品を開発してるんじゃないか?


そうなったとき、一番の妥協策は、洗顔後の加湿クリームということになるのでしょう。

しかし、体感では、洗顔後に失われた毛穴の保護機能を、完全に補うことのできる保湿クリームは、一握りです。

私の場合、洗顔剤とクリームの組み合わせで悪化したので、ためしに2週間の間、丁寧な水洗浄だけを徹底しました。

すると、以前あった黒ずみは消え、健康的な褐色がうっすらと見える程度の、健康的な毛穴状態を取り戻すことができたのです。

以降、洗顔剤は使わず、丁寧に水で洗った顔を保湿クリームでケアするというパターンで統一しています。


いまや、毛穴の悩みは綺麗さっぱりなくなり、目の前の課題に集中できるようになりました。

洗顔剤や毛穴パックをいくら使っても毛穴が綺麗にならないという人は、まず水洗浄+保湿のパターンを試してみてください。


さいごに

今回紹介した方法は、あくまで私のイチゴ鼻が治った方法に過ぎず、全ての人に同じ効果を持つような普遍性は持ちません。

しかし、毛穴の保護機能を損なうと、保護のために角栓の厚みが増すという考え方は間違っていないと思います。

毛穴に優しい生活を心がけてください。