Ossan's Oblige ~オッサンズ・オブリージュ~

文化とは次世代に向けた記録であり、愛の集積物である。

カンボジア

「マンダラ理論」とアンコールワットの建築構造【Divine Kingとマンダラ理論は1セット】

アンコールワットは、カンボジアが誇る東南アジアを代表する宗教建築です。 しかし、なぜアンコールワットが世界的に注目を集めているかと聞かれると「?」という方が多いのではないでしょうか? 実は、アンコールワットの建築構造には、東南アジア特有の王…

【DNA鑑定】Y染色体ハプロタイプが立証するカンボジアとインドの近縁性【カンボジア・インド同祖論3/3】 

「インド化」の影響は東南アジア全域に及んだのに、どうしてカンボジアにだけ強い名残が感じられるのでしょうか?それは、カンボジアとその他の国々が歩んだ歴史の隔たりに依存しています。 カンボジア人とインド人の類似性は遺伝子の連続性にまで言及するこ…

【類似性の歴史的背景】「東南アジアのインド化」【カンボジア・インド同祖論2/3③】 

1、カンボジアは最も強いインド化(ヒンドゥー教)の影響を受けた地域では、「インドと似ている」カンボジアのインド化は、どのような経過を辿ったのでしょうか? 以下に、カンボジアの歴史を見てみたいと思います。東南アジアの歴史は、貿易を求めてやって…

【類似性の歴史的背景】「東南アジアのインド化」【カンボジア・インド同祖論2/3②】 

東南アジアの王朝成立を促したインド文化とは?東南アジア最初期の王朝の出現は、インド商人の東南アジア来航が始まった時期と重なっています。1世紀に開始されたローマのインド洋貿易は東南アジアへも影響を及ぼします。東南アジアを訪れるインド商人は、し…

【類似性の歴史的背景】「東南アジアのインド化」【カンボジア・インド同祖論2/3①】

東南アジアを訪れた時に感じる「インドっぽさ」の原点富裕層に占める華人比率が高く、中国との連関で語られがちな東南アジア。 しかし、その文化の根幹にインド文化のが脈々と流れていることは、インドシナ半島の「インドシナ」の名称を見ても明らかです。(…

カンボジアって、なんかインドと似てね?【カンボジア・インド同祖論1/3】

カンボジアってインドと似てない?インドの後にカンボジアを訪れた人なら、誰もが次のような印象を持つのではないでしょうか?「インドと似てね?」 インド滞在後、カンボジアへ初めて入国した際には、妙なインドとの親近感に襲われたものです。 特に、カン…

【旅行者下痢症を2日で治す方法も】カンボジア旅行者への注意喚起と対策3つ

1〜2ドル。しかし・・・インドで得た悟りの1つは、「”安かろう悪かろう”を甘く見てはいけない」でした。中学生の修学旅行気分で訪れたインド(貧乏)旅行そのものが重大なエラーだったのです。カンボジアは、インドシナ半島で最もインド化の面影が残る国で…

【日本カンボジア友好橋付近】ワットプノンから2kmの安宿街に位置するお手頃レストランWhite Coffee【アンコールワット・クオリティーの飯が120円】

マラリアやデング熱が横行するカンボジアは、インドと並び、最も貧乏旅行を勧められない国の1つです。 低予算の旅程では、現地の劣悪な衛生環境と接することになり、普通に危険だからです。こうした危険性を排除する上では、安いローカルレストランではなく…

【南京虫の出没情報あり】プノンペンで宿泊した安宿の評価5つ【間違いなく選べばコスパ○】

シエムリアップ同様、チェックアウト12時で使いやすいプノンペンのホテル。 ただし、南京虫が出る宿にあたることもあるので、注意が欠かせません。 プノンペンの情報については↓の記事にまとめました。 www.ossanns-oblige.comよかったら参照してみてくださ…

【プノンペンの物価・国内事情】カンボジア-プノンペン旅行の総評【南京虫おるで】

1431年、東方への勢力拡大を目論むシャム(タイ)人の攻撃によって、クメール王朝の首都アンコール(シェムリアップ)は陥落を迎えました。 都を追われたクメール王家は、新たな首都を求めて移動を開始。 その結果、「4つの川が合流する」水資源豊かな土地が…

【東南アジア文化の原点】カンボジア-シェムリアップ旅行の総評【入国時にドル持ってないとどうなる?】

シェムリアップは、膨大な宗教建築を遺したクメール朝の初期の首都です。(1431年のアユタヤ朝の攻撃の後、プノンペン遷都) その時代の名残は、アンコール・ワット、アンコール・トムをはじめとする豪華な宗教遺物に残り、今なお輝きを失うことがありません…